神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

希望ヶ丘で「春フェス」 21日、 21店舗が出店

文化

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

 旭区の希望ヶ丘駅商店街で4月21日(日)、「第15回希望が丘商店会フェスティバル 春フェス」が行われる。主催は希望が丘商店会。午前10時〜午後6時。

 昨年、4年ぶりに開催された通称「キボフェス」。毎回1万人以上の人で賑わう同地域の人気行事だ。当日は21店舗におよぶ飲食、ゲームの出店のほか、10年ぶりに復活するカートレースや横浜FCのサッカー体験ブースが開かれ、子どもが楽しめるイベントが目白押しとなっている。

 商店街内の特設ステージでは、人力舎所属芸人・バイオニが漫才を行う。ほかにも近隣の八ッ橋幼稚園や希望ケ丘高校がダンスを披露。地元の団体が普段の活動を発表する場となる。

 またさまざまな景品が用意されている大抽選会も開催。「子どもも参加しやすいように」という思いから、「キボフェス」として初の、無料で参加可能となっている。

 同フェスの実行委員長を務める後藤佑輝さんは「初の試みも交えながら、子どもからお年寄りまで楽しめるイベントにしている」と話した。

合作カレーも

 「キボフェス」に向けて熱意を漲らせているのは「串かつ大臣」店主の大田弘之さんと、(株)みなせエンタープライズ号の加藤一憲取締役。コロナ禍を受けて、街に元気を取り戻す手段を模索していた大田店主に、スパイスカレー作りが趣味の加藤さんがオリジナルレシピを2020年にプレゼン。試行錯誤の末、合作カレー「加藤さんのチキンカレー」が完成した。

 「どうせやるなら真剣に」と、加藤さんは昨年会社を立ち上げ、今年4月からレトルト版の発売を開始。これを記念し、フェスでブースを設けて同商品やレトルト版を販売するという。

 8種類のスパイスや、鶏ガラスープ、隠し味にココナッツミルクパウダーを入れた、まろやかな仕上がりが特徴の同メニュー。「ぜひ食べに来てください」と2人は呼びかけている。

開発した加藤さん(左)と大田さん
開発した加藤さん(左)と大田さん

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook