神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年5月2日 エリアトップへ

金子右京さん(本宿町) 空手組手で日本一 小さい頃からの目標達成

スポーツ

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
初の全国優勝を喜ぶ金子選手と、指導してきた保土ヶ谷支部の楠原支部長
初の全国優勝を喜ぶ金子選手と、指導してきた保土ヶ谷支部の楠原支部長

 旭区本宿町在住の金子右京さん(西谷中学校2年生)が、「第18回全国中学生空手道選抜大会」(3月29日〜31日、京都府)の1年生(当時)男子組手の部門で優勝した。兄の影響から6歳で空手を始めて約7年。悲願の日本一に輝いた。

 全国各地から1500人超が出場した同大会。金子さんは昨年末の神奈川県大会の組手を初制覇して県代表に選出。また、形(かた)も県3位となり全国に出場した。

 187人がトーナメントで争った1年生男子の組手。試合時間1分30秒のなかで突きや蹴りを応酬し、ポイントを競う。金子さんは174cmという高身長を武器に相手との距離を制し、サウスポーの利点を生かした右の突きを得意とする。小学生の時に負けた千葉県代表選手と戦った4回戦では先取されるも、右の突きから優勢に試合を進めて7対2と勝利した。

 決勝では対戦したことのある大阪府代表選手と戦った。0対0で迎えた残り30秒に金子選手が先取して均衡を崩すと、そこからはお互いに突きや蹴りを決め合う展開に。4対4で試合終了となるも、先取した金子選手に軍配が上がった。「小さい頃から目標にしていた日本一を達成できてうれしいです」と喜ぶ。

支えに感謝

 日本空手道糸洲(いとす)会保土ヶ谷支部(楠原清誌支部長)に所属し、腕を磨いてきた。指導する楠原支部長は「気持ちが前向き。組手だけではなく、形にもしっかり取り組み基本を疎かにしない」とその姿勢を称える。

 "親子3人4脚"で取り組んでいるのが父・勝弘さんと母・佳世子さん。自主練習のメニューを考案したり、遠征をサポートしたりと様々な面から支えている。「支部の先生や両親のおかげで、空手に全力で取り組めています」と金子選手。「これからも気を緩めることなく、夏の全国大会でも優勝を狙います」と意気込む。

旭区・瀬谷区版のローカルニュース最新6

弦楽器とドラムの演奏会

活動ホームあさひ

弦楽器とドラムの演奏会

白根地区センで6月27日

6月20日

ロマンス詐欺を阻止

瀬谷北郵便局

ロマンス詐欺を阻止

警察署から感謝状

6月20日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月20日

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

「よこはまグッドバランス企業」募集

6月19日

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

6月30日まで新横浜・都心臨海部エリアで

6月19日

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

旭区・瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook