神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2021年6月10日 エリアトップへ

【Web限定記事】図書館司書のおすすめBOOK【11】 『江戸の献立』 協力/横浜市 神奈川図書館

文化

公開:2021年6月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
福田浩、松下幸子、松井今朝子『江戸の献立』(新潮社刊)
福田浩、松下幸子、松井今朝子『江戸の献立』(新潮社刊)

■おすすめの本は・・・

『江戸の献立』

 

 著者:福田浩、松下幸子、松井今朝子 出版社:新潮社 発行:2013年

 

■こんなお話です

 

 数年前に話題になりましたNHKドラマ『みをつくし料理帖』で、江戸の食に興味を持たれた方も多いのではないのでしょうか。日本料理の多くは江戸時代に完成されたといわれています。今回は、料理家、食文化研究家、作家がタッグを組んで当時の料理をビジュアルに再現した『江戸の献立』をご紹介します。

 再現されているのは、鰹節商「にんべん」創業家に伝わる正月料理をはじめ、水戸黄門、曲亭馬琴、『元禄御畳奉行の日記』のモデルになった朝日文左衛門などが味わった12の献立です。どの料理も彩り鮮やかで、素材の味を大切にした調理がされています。一見、単純に見えて、実は多くの手間がかかっていることに驚かされます。実家が京都で日本料理店を営んでいたという作家の松井今朝子さんのエッセーも実に味わい深いです。江戸時代の料理を通じて、現代の食のあり方を問いかける本でもあります。

 

■おすすめの理由は・・・

 

 醤油が普及する以前には調味料として「煎酒」なるものが使われていたなど目からうろこの発見が多い本です。時代小説ファンにもおすすめです。

 

 

《協力:神奈川図書館》 

 横浜市神奈川区立町20-1/【電話】045・434・4339

神奈川区版のローカルニュース最新6

障害の有無を問わず、ともに楽しむ「ツナガリウォーク」

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

J1へ腕試し

サッカーJ3YSCC横浜

J1へ腕試し

ルヴァン杯 FC東京と対戦

4月11日

グッズデザイン受賞者決定

横浜開港資料館

グッズデザイン受賞者決定

大賞作は商品化へ

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月29日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook