多摩版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

多摩市内振り込め詐欺 被害微増 額は大幅減 新たな手口に、警察「注意を」

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 多摩市・稲城市を管轄する多摩中央警察署の「振り込め詐欺」による多摩市内の昨年1年間の被害が21件と前年よりも1件増加し、被害額は大幅に減っていることがわかった。最近はこれまでには見られなかった新たな手口も見つかっており、2月には確定申告が始まることから同署ではより一層の注意を呼び掛けている。

 多摩中央警察署によると、管内の2015年1年間に発生した「振り込め詐欺」による被害は32件で、被害額は1億1129万3034円だった。14年は31件で1億6959万3538円だったことから、前年比で1件増、被害額は5830万504円と大幅に減少した。

 多摩市内だけでみると、14年は20件1億4168万5778円で、15年は21件7295万3034円と、1件増、被害額はおおよそ半減した。

 同署では昨年、広報・啓発活動に注力。被害に遭いやすい高齢者を中心に、自治会や高齢者が集まる場所などで振り込め詐欺に遭わないための講習会を頻繁に実施してきたという。「これらの活動が被害額の減少につながっているかもしれないが、件数が減ったわけではない。今後も防犯意識を高めてもらうように啓発を続けていきたい」と話す。

電子マネーを利用するケースも

 15年の被害件数32件のうち、被害に遭った手口はオレオレ詐欺が23件、架空請求詐欺が6件、還付金詐欺が2件、その他1件だった。「オレオレ詐欺について知っている人は多いが、被害に遭ってしまっている人はまだまだ多い」と同署犯罪抑止対策係。「身内を装ってお金を請求する電話がかかってきたら、まずは疑い、冷静に対応を」と呼びかける。

 その中でも最近は架空請求による手口が増えてきているという。例えば、有料サイト・動画の閲覧履歴があり、料金が未納。払わなければ法的手段に出ると脅迫し、振り込ませるというものだ。

 また最近は、振り込みではなく、コンビニなどでプリペイトカード式電子マネーを購入させ、IDを送らせるというこれまでにはなかった新しい手口が増えている。「料金の未納や法的手段に出る場合、普通は書面で来るものでメールや電話で来ることはない。法的手段という言葉で焦ってしまうかもしれないが、落ち着いて対応を」と話す。

 2月には確定申告も始まることから、還付金詐欺による被害も増えてくるという。「国税局や市役所の職員を名乗り、還付金があるので銀行などのATMで操作するよう要求してくる。還付金の返還については、まずATMに行くことはない。国税局や市役所に確認してほしい」と注意を呼びかけている。

多摩版のトップニュース最新6

「全国一の舞」6月披露

諏訪中園田さん

「全国一の舞」6月披露 文化

好成績残し、出演へ

5月26日号

昨年に比べ、増加の兆し

多摩川アユ遡上

昨年に比べ、増加の兆し 社会

定置網に7倍の数

5月26日号

市内の民生委員不足 深刻

市内の民生委員不足 深刻 社会

対策急ぐも 12月に定年者

5月12日号

競技親しむ場生み、50年

多摩サッカー協会

競技親しむ場生み、50年 スポーツ

子どもから高齢者に機会

5月12日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

4月から 市「マイボトルを」

4月28日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook