神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

多摩市 ゲームで避難意識向上へ 市防災安全課職員が考案

教育

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
避難に必要なものを話し合う児童
避難に必要なものを話し合う児童

 多摩市は、物品のコストや重さを考えて最適な非常用持出袋を作成してもらうカードゲーム「持出王」を考案した。ルールやカードを作った防災安全課の職員が3月8日、豊ヶ丘小学校で出前授業を行った。

 持出王は、プレイヤーが約80枚の物品カードの中から避難所に持っていく物品を選ぶことから始まる。各物品カードには「重さ」「大きさ」が決められており、制限重量に収める必要がある。

 そして、コントローラーと呼ばれる人が避難所に向かう道中や避難所で発生する出来事を読み上げる。この出来事に対してプレイヤーは物品を使って解決策を図り、解決策が理にかなっているものであれば、称号カードを得ることができ、全てのトラブルを解決できたプレイヤーが「持出王」となる。

 市は、ゲームを通して、避難の際に必要な物品の優先順位を考えることや災害時の出来事に対処する方法を学ぶことができるとしている。

 出前授業には4年生の児童が参加した。今回は、称号カードは使わずに、グループに分かれ児童同士で避難時に必要なものを考えてもらうことに重きを置いた。

 児童らが必死に考え必要な物品をそろえると、市職員が避難時における出来事を発表していった。「外が真っ暗」であれば懐中電灯が必要であり、「のどが渇いてきた」となれば「水」が必要と、出来事に対する解決策を児童らは話し合っていた。

 避難の種類について家にとどまる在宅避難や親せきの家に行く縁故避難があることも踏まえつつ、市職員は「避難するためには事前準備が必要。ゲームを通して保護者と話し合うきっかけになれば」と話していた。

多摩版のトップニュース最新6

活動半世紀で記念大会

わかば卓球クラブ

活動半世紀で記念大会

16日に市総合体育館で

4月11日

市立小中 給食費無償化に

多摩市

市立小中 給食費無償化に

今年度から 都が半額補助

4月11日

「風化させない」続ける交流

桜ヶ丘商店会連合会

「風化させない」続ける交流

東日本 被災地の学生招く

3月28日

ゲームで避難意識向上へ

多摩市

ゲームで避難意識向上へ

市防災安全課職員が考案

3月28日

「闇バイト」中学生に注意促す

市教育委員会

「闇バイト」中学生に注意促す

防犯協会、中央署と連携

3月14日

50年節目に新キャラ誕生

多摩市社協

50年節目に新キャラ誕生

パル多摩で記念福祉大会

3月14日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook