多摩版 掲載号:2018年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

愛和小学校 地域も親しめる学校林へ 団体の支援受け整備

教育

 市立愛和小学校(阿閉暢子校長)はこのほど、学校教育環境向上のための緑化事業として、学校林「愛和の森」などの整備を行った。同校の全児童が参加する「愛和小学校緑の少年団」が、今年2月に行われた「東京都緑の少年団交流会」で最優秀賞を受賞。同事業は、その実績が認められ、公益財団法人国土緑化推進機構、ゴルフ緑化促進会等の支援を得て行われた。阿閉校長は「地域との交流、子どもたちの学習に活かしていきたい」と意欲を見せている。

 同校では、2016年10月に緑を守り育てる活動を行う「緑の少年団」を発足。1年生から6年生までの全児童が参加して「愛和小グリーンプロジェクト」と題して、この愛和の森を活用して、「菜園」「森」をテーマに各学年がそれぞれ取り組みを行っている。

 毎年秋に行われる森林・緑の祭典「全国育樹祭」の記念事業として、今年2月に実施された「東京都緑の少年団交流大会」で、その取り組みについて5年生が発表を行い、最優秀賞を受賞。その結果、今秋「育樹祭」の併催行事として実施される「全国緑の少年団活動発表大会」で活動発表を行うことが決まった。今回、その実績が認められ、(公財)国土緑化推進機構、ゴルフ緑化促進会の支援を受けて、学校教育環境向上のための緑化事業を実施することが決まった。

 今回、整備が行われたのは、学校林「愛和の森」。数カ所ある湧き水に土留めを行ったほか、端から端までを安全に歩くことができるように遊歩道が設置された。また、バス通りに面した斜面には「AIWA」の文字のツツジの植え込みと階段を作り、ブルーベリーの苗を植樹した。

 この植え込みについては、昨年5年生が「森の改造プロジェクト」を行った際に、地域住民から「学校を多くの人に知ってもらったり、親しんでもらえるように『愛和』の文字があると良い」との意見があったことから作られた。また、この斜面は地域の自治会が手入れを行っており、その際に「足元が危なくて怖い」といった意見も挙がったことから階段が設けられた。

 今回の整備について阿閉校長は「森を使って活動を行ってきた中で学校でできなかった整備をやっていただけた。ブルーベリーも保護者や地域の方とつながる教材にしたい。地域との交流を深め、子どもたちの学習に活かしていきたい」と話していた。

多摩版のトップニュース最新6件

「魅力発信」新アイデアを

多摩市若者会議

「魅力発信」新アイデアを

6月7日号

地域と歩んで30年

関・一つむぎ館

地域と歩んで30年

6月7日号

昨年と変わらず83人

多摩市待機児童数

昨年と変わらず83人

5月24日号

アジア杯優勝を報告

なでしこジャパン

アジア杯優勝を報告

5月10日号

13カ国の学生と交流

多摩中学校

13カ国の学生と交流

5月10日号

阿部氏の3選決まる

市長選

阿部氏の3選決まる

4月19日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

AIやロボットで仕事が変わる?

中大白門会

AIやロボットで仕事が変わる?

6月24日に講演会

6月24日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク