多摩版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

市民団体 サッカーで親善交流 アフリカ各国の大使らと

スポーツ

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
白熱した試合は2対2の引き分け
白熱した試合は2対2の引き分け

 アフリカ各国の大使や大使館員らで構成されたアフリカ外交団チームと多摩市民チームによる国際親善サッカー大会が9月14日、東京多摩フットボールセンター南豊ヶ丘フィールドで盛大に開催された。主催は、2020TAMA協議会と多摩市レクリエーション協会。阿部裕行多摩市長らも観戦に訪れる中、白熱した試合が行われ、サッカーを通じて交流を深めた。同協議会の澤雄二代表は「これを機会にレガシーとして毎年開催していきたい」と今後に意欲を見せた。

 主催した2020TAMA協議会は、オール多摩の精神を根幹に、市民、企業、各種団体、行政とタイアップし、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に、多摩市における「おもてなし」の実現と活性化、多摩市の創生・再生をめざし活動を行っている。

 今回の親善サッカー大会に向けて動き出したのは3年前。同協議会のメンバーで多摩市レクリエーション協会にも名を連ねるメンバーが、かねてから親交のあったセネガル大使館のアリ・ウンディアエ一等書記官を通じて、アフリカ各国と多摩市で友好を深めようと、サッカーの親善試合を企画。調整を重ね、天候不順などの影響で中心になったこともあり、今回初めて開催が実現した。

 当日は、有志の多摩市民チームと、10カ国を超える大使館関係者によるアフリカ外交団チームが対戦。多摩市民チームには、最高齢で79歳の人が参加した他、外交団チームは家族らも応援に駆け付けた。試合は白熱した展開で盛り上がりを見せ、2対2で引き分けた。

 試合前に行われた開会式で、外交団チームを代表して挨拶をしたエリトリア大使のエスティファノス・アフォワキ・ハイレ氏は「ここに来ることができて嬉しい。外交は人々が交流することが大事。今後、日本とアフリカの間で、ビジネス、社会開発、平和が重要。今回が外交交流のきっかけになれば」と話した。

 同協議会の澤代表は「今回の企画が3年越しに実現できて嬉しい。良い試合だった。文化・スポーツの交流だけでなく、ビジネスの面でも交流のチャンスがある。多摩市の創生・再生に向け、来年もまた企画したい」と意欲を見せた。

両チーム、関係者らで交流を深めた
両チーム、関係者らで交流を深めた

多摩版のトップニュース最新6

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介

作家八尾さん

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介 文化

定点観測の手法採用

8月6日号

障害者への配慮を

多摩市

障害者への配慮を 社会

差別禁止「条例」施行 周知へ

8月6日号

父親の出征旗 米から帰還

連光寺田中政幸さん

父親の出征旗 米から帰還 社会

76年ぶりの再会に涙

7月23日号

独自のPCR検査実施へ

市臨時補正予算

独自のPCR検査実施へ 政治

新たに5億8千万円

7月23日号

市職員8人に消防総監賞

市職員8人に消防総監賞 社会

連携で高齢男性を救命

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「暮らしに寄り添って」

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

豪華絢爛な縄文土器を

豪華絢爛な縄文土器を

関戸公民館で特別展示

8月8日~8月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク