多摩版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

市6月補正予算 独自策第2弾に約8億円 コロナへの対応策が中心

政治

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 6月10日から開かれている多摩市議会6月定例会で、総額18億183万円の一般会計補正予算案について審議され、可決された。今回の補正予算は、5月に開かれた市議会臨時会に続き、新型コロナウイルスへの対応策が中心。そのうち、7億8456万円を市独自の対応策第2弾として計上した。介護保険事業所や障害福祉サービス事業所への支援をはじめ、国の持続化給付金の対象とならない市内事業者への支援、6月と8月の給食費を公費で負担するなどの対策が盛り込まれた。

 5月に開かれた市議会臨時議会では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、その対応として国の緊急経済対策を中心に市独自策の第1弾を盛り込んだ総額156億3647万円の補正予算が可決された。今回の6月定例会では市独自の対応策第2弾となる7億8456万円を盛り込んだ総額18億183万円の補正予算が組まれた。

 今回、市が実施する独自策のひとつが「介護保険事業所及び障害福祉サービス事業所への支援」だ。これは、重症化リスクのある高齢者や障害者、基礎疾患がある人へのサービス提供機会が多い介護保険事業所や障害福祉サービス事業所、地域生活支援事業における移動支援事業・日中一時支援事業を行う事業所を対象としたもの。1事業所あたり30万円を事業継続応援金として給付する。加えて、それらの事業等の施設で感染が集団発生した場合に、感染の発生を公表し自主的に事業所を臨時休業するなど積極的に感染拡大防止策に貢献したとして、臨時休業による影響を下支えし、その後の円滑な再開を促すため1事業所300万円を上限として給付。これらの事業費に1億1700万円が盛り込まれた。

下水道代2カ月分実質無料化 

 感染拡大の影響により売上が減少しながら、国の持続化給付金の対象外となっている中小企業・小規模企業者等に対して「多摩市がんばろう事業者応援支援金」を給付する事業費として3億7000万円が計上された。対象となるのは売上が前年同月比で20%以上50%未満減少している法人や個人事業主で、従業員6人以上の法人の場合30万円を、従業員5人以下の法人や個人事業主の場合は20万円が給付される。

 医療提供体制を確保するとともに医療崩壊を防止することを目的として、市内の東京都第三次救急指定病院に対して給付金を支給する「感染症予防事業」に3760万円を盛り込んだ。6月および8月の給食費を公費で負担する「学校給食運営費」に6027万円を計上するなど、市民生活や中小企業等の支援、教育、地域医療、新しい生活様式への準備など多岐にわたる。

 一方、下水道事業会計の補正予算として2億5千万円の減収が見込む。これは一般家庭や小規模店舗等で1カ月につき50㎥以下の下水道使用料2カ月分を全額減免措置を取ることが理由。休業や休校で家庭での生活が長くなったことで下水道使用料が増えていることを考慮し、早ければ6月からの2カ月分の下水道利用料を実質無料化することが目的だ。

 市では「国でも新たな対応策として審議が進んでいる。それに合わせて今後新たに補正予算を組む必要性も出てくると思うので、随時検討していきたい」と話している。

多摩版のトップニュース最新6

地域交流拠点がオープン

豊ヶ丘・貝取商店街内

地域交流拠点がオープン 社会

住民参加の運営模索

9月10日号

「人」「文化」つなげる施設へ

旧北貝取小跡地

「人」「文化」つなげる施設へ 社会

整備基本・実施設計が完了

9月10日号

子育て情報 LINEで配信

多摩市

子育て情報 LINEで配信 社会

26市初 不安・孤立解消へ

8月27日号

ツバメの営巣場所に変化

市調査団

ツバメの営巣場所に変化 社会

30年の変遷を発表

8月27日号

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介

作家八尾さん

NT(ニュータウン)の歩み 絵本で紹介 文化

定点観測の手法採用

8月6日号

障害者への配慮を

多摩市

障害者への配慮を 社会

差別禁止「条例」施行 周知へ

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アイヌ文化・魅力にふれる

アイヌ文化・魅力にふれる

関戸公民館で「人権のつどい」

10月4日~10月4日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月10日号

お問い合わせ

外部リンク