多摩版 掲載号:2020年12月17日号 エリアトップへ

企業連携 水素社会の実現へ 新型車やバス展示でPR

経済

掲載号:2020年12月17日号

  • LINE
  • hatena
新型MIRAIの展示、見学が行われた
新型MIRAIの展示、見学が行われた

 市内に本社を構える「トヨタ西東京カローラ(株)」(関戸・舟橋竹彦代表取締役社長)と、「多摩興運(株)」(南野・小礒トシ代表取締役社長)は12月10日から13日まで、多摩興運が運営するTKK水素ステーション(南野)で、水素自動車「MIRAI」の新型車の展示会を行った。同車は、9日に新型が発売されたばかりで、全国でも先駆けて多摩の地で一般にお披露目された。舟橋社長は「多摩から水素社会の実現に向けて一歩を踏み出していきたい」と意欲を見せた。

 国は2030年代半ば、都は30年までに「脱ガソリン車」の方針を打ち出す中、9日にトヨタ社から発売されたのが水素自動車(FCV)の新型「MIRAI」だ。

 従来のガソリン車、ガソリンと電気で走行するハイブリッド車、電気のみで走る電気自動車(EV)に次いで開発された水素自動車(FCV)は、「究極のエネルギー」と称される水素と酸素の化学反応で発生した電気をもとに走行し、排出するのは水だけという「究極のエコカー」として注目を集めている。

 「MIRAI」は、トヨタ社が2014年に世界で初めて市販を開始。今回、発表された新型「MIRAI」は、初代の車よりも外見にこだわり「よりカッコよく」作られているのが特徴だという。フル充電で650Kmまでだった航続可能距離が650Km〜850Km(Gグレード)とアップ。また4人乗りが5人乗りに変更され、車内に走行中でも使用可能なコンセントやUSBの電源が設置されている。充電時間はフルで約3分、災害時に家庭などで電力源として活用でき、一般家庭の最大1週間分の電気が賄えるという。

小さな一歩を

 今回、多摩地域で2つしかない水素ステーションのひとつ、多摩興運が今年3月に開設した「TKK水素ステーション」でこの新型「MIRAI」が一般にお披露目された。また期間中には、今春、京王バス(株)が2台導入し、現在路線バスとして利用しているトヨタ社の水素バス「SORA」も展示され、全面的な水素車のPRを行った。初日には、東京都、東京消防庁、多摩市の関係者も多く訪れ、両車両を熱心に見学していた。

 トヨタ西東京カローラの舟橋社長は「初代は燃料電池自動車の第一号ということで話題性があったが、まだ水素ステーションの設置が進んでいないことや、車両そのものの価格や品質、出来などがすべて回っている状況ではなかった。今回の2代目は、世の中の一般的な高級車と比べても遜色のない車に仕上がっている。その車の中身が我々の将来を担ってくれるかもしれない水素をエネルギーとしたもの。多摩興運さんと協力して水素社会の実現へ向けて小さな一歩かもしれないが踏み出していきたい」と抱負を語った。TKK水素ステーション特別顧問を務める小礒明氏は「これから新しい時代、新しい水素燃料の市場を日本社会で形成していきたい。水素社会をここ多摩から大きく推奨していきたい」と話した。

挨拶をする舟橋社長(左)と小礒特別顧問
挨拶をする舟橋社長(左)と小礒特別顧問

多摩版のトップニュース最新6

街の盛上げに「KAO」あり

街の盛上げに「KAO」あり 社会

地域グループ 催し企画

4月1日号

芝生通じ、地域とつながり

南鶴牧小

芝生通じ、地域とつながり 社会

「宝に」 一致団結

4月1日号

50年 市の発展に貢献

多摩ニュータウン

50年 市の発展に貢献 社会

人口増 インフラ整備進む

3月18日号

再び、消費喚起策

多摩市

再び、消費喚起策 経済

27日からキャンペーン

3月18日号

被災地交流10年

桜ケ丘商連

被災地交流10年 社会

催し通じ、地域に防災意識

3月4日号

ワクチンどうなる?

多摩市

ワクチンどうなる? 社会

新型コロナ 準備進む

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月1日号

お問い合わせ

外部リンク