多摩版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

市教育委員会 「児童生徒の目」守る 端末対策 独自トレ導入へ

教育

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
目の健康を守るトレーニングを紹介する動画
目の健康を守るトレーニングを紹介する動画

 多摩市教育委員会がタブレット端末など情報通信機器を使用し、目などを酷使しがちな児童生徒の健康を守る取り組みを進めている。影響について考えるセミナーを開催し、地域の健康づくりに協力する研究機関、国士舘大学ウエルネス・リサーチセンター(永山)から提案された目の健康を守るトレーニング法などを広く周知していく考えだ。

 取り組みのきっかけとなったのは、市内小中学校でのタブレット端末を使った授業の始まり。今年度から児童生徒一人ひとりに端末が支給され、各学級ごとにそれぞれの課題に応じた端末を使った授業が進むなか、画面1点に集中し過ぎて目が疲れたり、操作しながら姿勢を崩しがちであることなどから子どもたちの健康を心配する声が挙がった。

 そこで市教委は子どもたちの健康にどんな影響があるのかを同リサーチセンターなどの専門家に相談。児童生徒にアンケート調査を実施し実態把握にあたるなか、目の健康への不安や首肩のこりが発生しているといった声が聞かれたことから、目の健康を維持するためのトレーニングや、首肩のこりを解消するための体操を取り入れていくことを決めた。

 夏休み前から関連するセミナーを開催し、先月にはトレーニング法や体操を紹介する講習会を開催した。市教委の担当者は「スポーツの現場などで取り入れている目のトレーニング法。動画にしているので児童生徒だけでなく多くの方に観覧してもらいたい」と話している。

来年度から

 市教委は来年度にもそれら対策を市内小中学校で取り入れていきたい考えだ。一方で、目などの健康の心配同様、情報通信機器の使い過ぎが睡眠にも影響を与えていることなどにも着目するなど、対策の範囲を広げていく方針で、今後は近隣市などにも周知していきたいとする。

 リサーチセンターの永吉英記さんは「トレーニングや体操を今よりも、学校で着席しながらもできるようにしていき、子どもたちの健康維持を図るものとして定着させていきたい」と話し、「多摩モデルとして他市などにも広がっていけば」としている。

22日にも

 市教委が主催する学校における情報通信機器の活用状況と児童生徒の目の健康に関するセミナーは12月22日(水)にも開催される。事前申込制で20日(月)までに申し込み(先着40人)。永山公民会で午前10時から11時50分。専門家を講師に招き、情報通信機器を使用する際の目の健康に留意すべき点などを知ることができるという。

 問い合わせは多摩市立教育センター【電話】042・372・1010へ。

多摩版のトップニュース最新6

「全国一の舞」6月披露

諏訪中園田さん

「全国一の舞」6月披露 文化

好成績残し、出演へ

5月26日号

昨年に比べ、増加の兆し

多摩川アユ遡上

昨年に比べ、増加の兆し 社会

定置網に7倍の数

5月26日号

市内の民生委員不足 深刻

市内の民生委員不足 深刻 社会

対策急ぐも 12月に定年者

5月12日号

競技親しむ場生み、50年

多摩サッカー協会

競技親しむ場生み、50年 スポーツ

子どもから高齢者に機会

5月12日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

4月から 市「マイボトルを」

4月28日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook