伊勢原版 掲載号:2012年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

伊勢原市長に就任した 高山 松太郎さん 白根在住 62歳

市民への奉仕を大切に

 ○…選挙事務所で支援者との喜びから1週間―。市議として16年、舞台を県に変えて5年、そして再び伊勢原に活躍の舞台を移す。初登庁を終えた翌日には、誰よりも早く市役所に来て、入口で職員を出迎えた。「これから一緒に働いていく方々。まずは皆さんの顔を知ることが大切です」と笑顔で話した。

 ○…現職を破っての当選に、「現状を不安に感じていた市民が多かったのでは」と振り返る。ここ1年は県の役職も多く抱え、市内での活動は少なかったが、県からじっくりと伊勢原の現状を見ることができた。「支援してくれる皆様があってこそ」と感謝も忘れない。比較的自由に動けた県議時代と変わり、分単位の動き、会議や打ち合わせなどで座る時間も増えた「やりがいを実感している。子ども達に夢、お年寄りに安心、働く人には希望を持てる伊勢原にしたい」と微笑む。これからは育てた県とのパイプを存分に活かしていく。

 ○…市議・県議時代から、じっとしているのが嫌いというほど、根っからの『現場主義』。「伊勢原は広い。地域の課題は歩かないと分からないことがたくさんある」と、職員にも改めて現場主義を推進していく。また、県から市全体を見ていて感じたことが『スピード感』の無さだという。「県央道や新東名、伊勢原を取り巻く様々な環境は日々変わっている。その波に乗り遅れないように市政にあたりたい」と意気込む。そして最後に市政運営で最も大切なこととして『市民への奉仕』を挙げた。この3つのポイントを大切にしていく。

 ○…忙しい日々、孫と遊ぶ時が唯一、市長の肩書が取れてリフレッシュできる瞬間。平塚農業高校を卒業して、農業に従事。そこで政治の大切さを知った。座右の銘は『一期一会』。多くの人との出会い得て、市民と同じ目線で歩んできた。「どちらかが先に行き過ぎてはいけない。市民と共に進むことが大切なこと」と微笑んだ。
 

伊勢原版の人物風土記最新6件

落合 順子さん

市立図書館で朗読体験連続講座の講師を務める

落合 順子さん

2月16日号

越水 真理さん

国際交流を行う「ワールドキャンパスいせはら」の代表を務める

越水 真理さん

2月9日号

藤原(ふじはら) 京子さん

伊勢原聖書キリスト教会でゴスペルクワイアを立ち上げる

藤原(ふじはら) 京子さん

2月2日号

半田 真一郎さん

県バスケットボール協会専務理事として神奈川県体育功労者表彰を受賞した

半田 真一郎さん

1月26日号

志村 功さん

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した

志村 功さん

1月19日号

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

神戸青年会の会長を務める

吉川(きっかわ) 翔太(しょうた)さん

1月12日号

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク