横須賀版 掲載号:2014年8月22日号 エリアトップへ

バレー構想で市内初進出 ITベンチャーが汐入に事業所

掲載号:2014年8月22日号

  • LINE
  • hatena
新事業所では常勤・非常勤で3人のスタッフが勤務する。「人材育成など、アプリ開発で地域貢献したい」と相澤さん
新事業所では常勤・非常勤で3人のスタッフが勤務する。「人材育成など、アプリ開発で地域貢献したい」と相澤さん

 横須賀市が地域経済活性化の起爆剤として取り組む「ヨコスカバレー構想」で、タイムカプセル株式会社(岐阜県大垣市/相澤謙一郎代表取締役)が、同事業に関連して初めて市内に事業所を開設した。同社は今月から、汐入の谷戸地区にある空き家を活用し、開発拠点として事業所兼住居を構えている。

 ICT関連企業(情報通信分野)のUターン・Iターンを誘致し、市内の経済活性や雇用につなげる「ヨコスカバレー構想」。今年6月に市内で行われた「キックオフセミナー」には、市内外から若手起業家らが訪れた。市は、YRPを筆頭に、横須賀市全域をICT企業が活動しやすい場所としてPRした。セミナーを契機に、事業所を市内に構えたのが、スマートフォン用アプリ開発事業などを行う、タイムカプセル株式会社。8月上旬には「横須賀第一アプリ工場」として汐入町の空き家を使い、事業所を設立。横須賀での活動を本格化させている。

谷戸で働く「おもしろさ」

 汐入駅前から細い路地と階段を上ること10分。見下ろせば海が見える谷戸地区が同社の新拠点だ。「アプリ製作など情報通信の分野は、パソコンが繋がっていれば、全国どこでも仕事ができる」―市内走水出身の相澤社長は話す。地域情報誌の新規事業などに携わり、起業支援を積極的に行う大垣市で2010年にIT会社を立ち上げた。現在は、横浜F・マリノス公式アプリの開発・運営をはじめ、アプリ講座や若手クリエーターの人材育成などを手掛けている。横須賀で拠点を構えるきっかけは、地元出身のベンチャー企業家との勉強会で感じた「横須賀に貢献できる事業がしたい」という想い。市の『バレー構想』と『空き家事業』は、ITベンチャーにとって魅力的に感じたという。

 「坂や階段はあるが、駅から近く家賃も安い。初期投資も少なくて済む。若いクリエーターにとって、自然に囲まれた環境はいい刺激になる」。相澤さんは「谷戸は新しいビジネスが生まれる場所になりうる。逆転の発想で、新しい働き方の提案ができれば」と話す。今後は、市内でアプリ開発の講座なども行っていく予定だ。

横須賀版のトップニュース最新6

「時短か休業か」

新型コロナ緊急事態宣言

「時短か休業か」 社会

飲食店が悲鳴、売上減に拍車

1月15日号

「さいか屋」の来し方辿る

企画展

「さいか屋」の来し方辿る 社会

創業時の写真、中央の変遷も

1月15日号

晴れ舞台にコロナ禍影響

晴れ舞台にコロナ禍影響 社会

成人式が延期、日程未定

1月8日号

市中感染に危機感

上地市長年頭会見

市中感染に危機感 政治

「東京都と等しい陽性率」

1月8日号

2021年「横須賀」展望

2021年「横須賀」展望 経済

経済・観光活性に期待感

1月1日号

2021年、アーバンスポーツに熱視線

うみかぜ公園にBMX大会誘致

2021年、アーバンスポーツに熱視線 スポーツ

大和(おわ) 晴彦さん(湘南鷹取在住)

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク