横須賀版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

小学生サッカー大会 一蹴に願い込め 闘病の雫さんにエール

スポーツ

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
試合会場には横断幕が掲げられた
試合会場には横断幕が掲げられた

 重い心臓病を患い、手術を受けるため米国で入院中の森崎小2年生、岡崎雫さんを応援しようと今月3日、「しずくカップ」と銘打った少年サッカー大会が開かれた。横須賀サッカー協会と県リーグ1部「FCAIVANCE横須賀シティ」、しずくちゃんを救う会が主催。当日は、児童や保護者らによる雫さんに向けたビデオメッセージの撮影も行われた。

 大会は佐原の横須賀フットサルクラブで行われ、市内で活動する10チームが参加。雫さんと同じ小学2年生以下のメンバー構成で、白熱した試合が繰り広げられた。

 ビデオ撮影では「少しでも早く治るよう願っています」「帰ってきたら一緒にサッカーしましょう」といったメッセージが寄せられた。撮影された動画は当日の様子などと合わせて、米国で入院中のしずくさんと両親に届けられるという。

 雫さんの心臓移植手術には保険適用や公的な助成が受けられないため昨年7月から、救う会が中心となって募金活動を開始。12月末までに目標金額の3億1千万円を集め、先月から米国のコロンビア大学病院に入院している。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

3年ぶりに歓喜の胴上げ

横須賀シニアクラブ

3年ぶりに歓喜の胴上げ スポーツ

川崎市長杯で2連覇

5月27日号

「縄文時代」命名の地

「縄文時代」命名の地 文化

旧田戸遺跡に公園設置要望

5月27日号

工作兵5千余名を悼む

久里浜 戦没者慰霊祭

工作兵5千余名を悼む 社会

5月27日号

日本庭園でワークショップ

日本庭園でワークショップ 文化

初夏の「万代テラコヤ」

5月27日号

市井の研究者、独自の視点で

横須賀製鉄所テーマに講演

市井の研究者、独自の視点で 文化

仏医師の功績と機械工作設備

5月27日号

ライブ文化を取り戻せ

ライブ文化を取り戻せ 社会

マスク画描き、音楽業界支援

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook