神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2019年5月24日 エリアトップへ

横須賀火力発電所 準備工事が開始 8月着工 市民団体は中止運動を加速

社会

公開:2019年5月24日

  • LINE
  • hatena
計画地前で抗議活動を行う市民団体=「横須賀火力発電所建設を考える会」提供
計画地前で抗議活動を行う市民団体=「横須賀火力発電所建設を考える会」提供

 東京電力フュエル&パワーと中部電力による合弁会社「JERA」が久里浜で進めている横須賀火力発電所新1・2号機建設の準備工事が先ごろ始まった。これに対し、反対する市民グループは署名活動や中止要請運動を活発化させている。

 同計画は既設全8機を撤去し、新たに出力約65万kwの石炭発電施設2基を建設するもの。新1号機が2023年、2号機が24年の運転開始を目指す。JERAパワー横須賀合同会社は今年1月に環境評価の手続きを終えて、経済産業省からの確定通知を受け、今月から8月の着工に向けた準備工事に着手している。

石炭火力への逆風

 石炭火力発電については11年以降、国内で50近くの設置計画が浮上。しかし、CO2発生量が他の化石燃料と比べて多いことから、気候変動を加速させるだけでなく、排出される大気汚染物質による健康被害なども危惧されており、計画中止を決めた事業者もある。東京湾内では横須賀を含め、千葉市(蘇我)、市原、袖ケ浦の4地区で石炭火力の計画が持ち上がっていたが「環境規制に対して採算が取れない」などとして、17年に市原、18年に蘇我、今年1月には袖ケ浦でそれぞれ撤回が決定。湾内に残る計画は横須賀のみとなっている。

 一方で市などは、域内の雇用創出やそれに伴う消費拡大、税収の増加などを期待する考えもある。昨年、事業者が開いた市民向け説明会では、計画中止のほか、ガス火力への動力変更を求める声も上がっていた。

行政訴訟を検討

 準備工事開始を受け、中止を求める市民グループ「横須賀火力発電所建設を考える会」は活動を加速させている。JERAへ4千超の署名を提出したほか、今月7日には現場前での抗議活動を展開。同会は、計画の実施を認めた国に対し、確定通知取り消しを求める行政訴訟を起こす考えで、今月中に手続きを行う。20日には提訴に向けた学習会を開き80人超を集めた。同会共同代表の鈴木陸郎さんは「提訴によって、市民の関心の高まりにも期待」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

遊休船舶を有効活用

佐島

遊休船舶を有効活用

シェアリング事業始動

5月24日

藻場の再生で連携

三浦半島4市1町

藻場の再生で連携

日テレ参画で活動後押し

5月24日

「人口減少」待ったなし

横須賀市

「人口減少」待ったなし

若年女性の市外流出課題

5月17日

海の厄介者 美味しく商品化

海の厄介者 美味しく商品化

地場海藻で育てた「葉山ウニ」

5月17日

壁面装飾 明るい地下道

衣笠

壁面装飾 明るい地下道

三浦学苑生がデザイン

5月10日

統合後の校名募集

走水小馬堀小

統合後の校名募集

決定受け校章・校歌を検討

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook