横須賀版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

(PR)

神歯大附属病院 まだ早い? もう遅い? 子どもの矯正歯科の開始時期

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

 子どもの歯並びの悪さを気にする親は少なくない。解消の手段として「矯正歯科治療」があるが、「萌え替わっていない時期から始めて大丈夫か」「痛い思いをさせるのは可哀そう」などの悩ましさもある。必要性と開始時期について、神奈川歯科大学附属病院 矯正歯科の山口徹太郎教授=写真=に聞いた。

 矯正歯科治療を行う時期は4歳から小学生までの「1期」と中学生から高校生以降の「2期」がある。前者は乳歯と永久歯の両方が混在している状態。萌え始めた永久歯を正しい位置に誘導し、顎の成長を正しく促すことで将来の理想的な歯並びの土台をつくる。後者は成長期を終え、骨やあごの発達が落ち着いた段階で上下の嚙み合わせや歯の凹凸を整える。

 山口教授によれば、成長過程にある内は、歯を動かすだけでなく、あごに対しても効果が期待できるという。

 その一方で、口の中に装置を取り付けることで、歯みがきの難しさや針金による不快感、見た目の悪さを気にする声もある。これには「痛みが少なく、取り外し可能な装置も選択できる」と回答。口腔の発達状態は個人差が大きいため、初診相談を受けることを勧めており、矯正の必要の有無や開始時期を助言するという。
 

神奈川歯科大学附属病院

横須賀市小川町1-23

TEL:046-822-8877

http://www.kdu.ac.jp/hospital/

横須賀版のピックアップ(PR)最新6

メガネの「おしゃれ」相談会

めがねの荒木 追浜店・衣笠店、アレンズ久里浜店

メガネの「おしゃれ」相談会

コーディネーターによる個別相談

10月22日号

「人間ドック」受診のススメ

神奈川歯科大附属病院

「人間ドック」受診のススメ

10月22日号

「雨漏り」屋根・壁は早めの点検を

「雨漏り」屋根・壁は早めの点検を

住まいの相談はプロへ

10月22日号

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム馬堀海岸店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

10月22日号

地域支援に「御用聞き」の力

地域支援に「御用聞き」の力

市民グループがZoom講演会

10月22日号

外壁塗装で防水・遮熱も

地域密着のエスユープレイス

外壁塗装で防水・遮熱も

塗り替えの目安は「10年に1度」

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook