神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2022年6月24日 エリアトップへ

聖ヨゼフ旧病棟 さよなら、曲面の名建築 築80年超の建物 7月末解体

社会

公開:2022年6月24日

  • LINE
  • hatena
坂道を上ると現れる凹曲面の特徴的な建物
坂道を上ると現れる凹曲面の特徴的な建物

 弧を描くように湾曲した壁面が特徴的な緑が丘の「聖ヨゼフ病院」旧病棟が7月下旬に取り壊されることになった。1939年開院時からの建物は2020年の新病棟完成で役割を終えていたが、コロナ禍で解体工事がずれ込んでいた。建物がある場所は病院利用者のための駐車場として整備される。

 同院の前身は、旧日本海軍が軍人とその家族の診療を目的に開設した「横須賀海仁会病院」。看護婦養成所を併設し、市内医療拠点の一つとして機能した。終戦後は米海軍に接収され、当時の米海軍横須賀基地司令官のデッカー大佐の指示で一般利用が始まり、1946年から現在の聖テレジア会が運営する聖ヨゼフ病院となっている。

 設計は、モダニズム建築の代表作として知られる東京・日本橋の白木屋本店を手掛けた石本喜久治氏。坂道を上った先の湾曲した敷地の凹曲面に合わせて建てられた建物の形状の美しさが評価され、2013年にはDOCOMOMO Japanの「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選定されている。

建築の専門家なども戦前の病院建築として希少性の高さを唱えていたが、築80年が経過し、躯体の老朽化が進んでいることから解体されることが決まっていた。

 同院では、ホームページ上で解体工事に伴い新病院駐車場が使用できなくなることを伝えているのみで、見学会などの予定はないという。横須賀市は建物の簡易的な調査を行っており、報告資料を作成する。

横須賀版のトップニュース最新6

遊休船舶を有効活用

佐島

遊休船舶を有効活用

シェアリング事業始動

5月24日

藻場の再生で連携

三浦半島4市1町

藻場の再生で連携

日テレ参画で活動後押し

5月24日

「人口減少」待ったなし

横須賀市

「人口減少」待ったなし

若年女性の市外流出課題

5月17日

海の厄介者 美味しく商品化

海の厄介者 美味しく商品化

地場海藻で育てた「葉山ウニ」

5月17日

壁面装飾 明るい地下道

衣笠

壁面装飾 明るい地下道

三浦学苑生がデザイン

5月10日

統合後の校名募集

走水小馬堀小

統合後の校名募集

決定受け校章・校歌を検討

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook