神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2022年11月4日 エリアトップへ

横須賀市 「書かない窓口」で時間短縮 全国ベスト4位に選出

社会

公開:2022年11月4日

  • LINE
  • hatena
専用のサイトで手続き案内が確認できる
専用のサイトで手続き案内が確認できる

 市役所窓口における住民異動手続きなどの簡素化を目的に、横須賀市が導入した「書かない窓口」の取り組みが、国主催の「夏のDigi田(デン) 甲子園」実装部門ベスト4に選ばれた。必要な手続きの事前案内や届出書の電子作成、来庁予約・混雑状況通知による市民の待ち時間の大幅短縮が評価を受けた。

 「書かない窓口」の取り組みは3つ。まず1つ目は「本人またはご家族に65歳以上の方がいる」「土地・家屋を所有している」など、ホームページ上で質問を順番に答えることで、引っ越しに関する必要な手続きを調べられる「手続きナビ」。2つ目は手続きナビによって、提出が必要と判別された届出書類などを一括して作成できる「申請サポートプラス」。そして、あらかじめ来庁日時を決められる「事前予約システム」。いずれもパソコンやスマートフォンから24時間365日アクセス可能だ。

 住民異動窓口業務の見直しのきっかけになったのが、転出・転入が多い3〜4月の待ち時間の長さ。最大100分にも及ぶ市民の負担を減らそうと窓口のDX(デジタルトランスフォーメーション)に乗り出し、昨年からシステムを導入した。

 電子化によって次に何が必要か示すことが可能となるだけでなく、従来は複数の書類に何度も書いていた氏名や住所は一度の入力で済み、記入漏れや誤記入の防止にも役立てられているという。

 これにより同時期の最大待ち時間は38分に短縮され、取り組みは政府のデジタル田園都市国家構想に関連した事業を表彰する「Digi 田(デン)甲子園」実装部門ベスト4にも選出された。

 市は大きな手ごたえを感じる一方、利用率は1割未満と低調で「周知が課題」と担当者。今年度から、児童手当や小児医療費などを所管するこども給付課でも同様のサービスを拡充しており、今後も他の窓口業務に取り入れて、市民サービスの向上をめざす。また、今後は申請書受理後の事務作業の自動化(RPA)も本格運用し、職員の業務効率化を図りたいとしている。

 10月31日には、尾崎正直デジタル大臣政務官が市役所窓口を訪問してサービスを視察。職員からシステム導入に至った経緯や利点などについて説明を受けた。

横須賀版のトップニュース最新6

再エネ導入市民・企業に補助

横須賀市

再エネ導入市民・企業に補助

4市1町連携 ゼロカーボンへ

6月14日

2024年度中に電子書籍導入

横須賀市図書館

2024年度中に電子書籍導入

県内は16自治体、蔵書数・利用に課題

6月14日

“横須賀カード”集めて回って

“横須賀カード”集めて回って

地域振興で官民7者が制作

6月7日

「まだまだやれる」

横須賀市

「まだまだやれる」

40歳以上のバンドコンテスト

6月7日

「間違い歓迎」異例の公開実験

横須賀市生成AI

「間違い歓迎」異例の公開実験

独自チャットサービス 精度向上へ

5月31日

循環型社会の実現で連携

横須賀市内2事業者

循環型社会の実現で連携

回収プラ再利用を「見える化」

5月31日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第3回 駿河台編【1】文・写真 藤野浩章

    6月14日

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第2回 プロローグ(倉渕編【2】)文・写真 藤野浩章

    6月7日

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook