神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2022年11月11日 エリアトップへ

桜小PTA 全国広報紙コンで佳作 神奈川県では最優秀賞

教育

公開:2022年11月11日

  • LINE
  • hatena
広報委員長の高橋さん。これまでに手掛けた紙面を広げて
広報委員長の高橋さん。これまでに手掛けた紙面を広げて

 第44回全国小・中学校PTA広報紙コンクールで、横須賀市立桜小学校PTAが発行する『さくらんぼ』が佳作に選ばれた。日本PTA全国協議会の主催。全国の小中学校PTAから3345点の応募があり、45点の優秀作品の中に入った。今年5月に発表された令和3年度神奈川県PTA協議会の広報紙コンクールで最優秀賞を受賞し、県代表として選出されていた。11月18日(金)に東京都内で表彰式が行われる。

 桜小では、PTA広報委員が年5回のサイクルで広報紙を発行。学校と保護者をつなぐ媒体として、児童らの活動や成長の記録などを発信する従来の役割だけでなく、独自の特集企画やスポーツ新聞を模したような遊び心あふれるレイアウトを取り入れるなど、随所に読ませる工夫を凝らしている。

 広報委員長を務めている高橋香夕さんの編集方針は「学校のわからないをわかるに変える」。校内の取り組みやPTA活動で自分が疑問に感じていることを企画として取り上げ、丹念に取材して発信している。

 例えば、多くの学校で実施されているベルマーク運動。WEB化されている最新の仕組みや学校にどのくらいの金額が積み上げられているかなどをまとめた。集計に手間取るPTA担当委員の負担を軽減しようと、在宅でできる「チョキチョキボランティア」制度を紹介。PTA活動参加のきっかけにつなげた。

 卒業・修了記念号の表紙をあえて白紙とし、家族や友達と自分流の紙面を作成してもらうアイデアもユニーク。広報紙に興味を持ってもらう仕掛けとした。

 「広報紙がなぜ必要か、役割に関する議論も深めて、保護者の知りたい情報やワクワクする内容を委員の仲間たちと楽しみながら発信していきたい」と高橋さんは今後の抱負を話した。

横須賀版のトップニュース最新6

「人口減少」待ったなし

横須賀市

「人口減少」待ったなし

若年女性の市外流出課題

5月17日

海の厄介者 美味しく商品化

海の厄介者 美味しく商品化

地場海藻で育てた「葉山ウニ」

5月17日

壁面装飾 明るい地下道

衣笠

壁面装飾 明るい地下道

三浦学苑生がデザイン

5月10日

統合後の校名募集

走水小馬堀小

統合後の校名募集

決定受け校章・校歌を検討

5月10日

野球復古に奮闘

公立中部活顧問

野球復古に奮闘

未就学児など対象に体験会

5月3日

小児科を開設

追浜湘南病院

小児科を開設

曜日限定、地域医療の受け皿

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook