藤沢版 掲載号:2017年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う 辻村 琢光さん 湘南工科大学附属高校3年

パラ卓球の頂点めざし

 ○…パラスポーツの体験や選手との交流を通じて、競技への理解を深めてもらおうと、9月17日に初開催される「ふじさわパラスポーツフェスタ」。パラアスリート代表として、開会式のあいさつを任された。「人前で話すのは苦手。でも、これをきっかけに、まだ知名度が低い障害者卓球を知ってもらい、卓球を始めてもらえたら嬉しい」。

 ○…10歳の時、小児がんの骨肉腫を発症して以来、右上腕には人工関節を入れている。「当時は幼かったので『がん=死』だと思ってショックだった。でも、泣いたのは1日くらい」。術後は右腕も使えたが、骨折してしまい、現在は右腕に装具を装着している。「走ったら階段でこけて、右腕を打ってポキッって折っちゃった。今も折れたままだけれど、そんなに不便でもないかな」。持ち前の明るさであっけらかんと話す。

 ○…南足柄市出身。利き手を左に変えて13歳で卓球を始め、着実に実力をつけてきた。その後、卓球の名門・湘南工科大附属高校へ進学し、仲間と分け隔てなく練習に励み、切磋琢磨している。昨年は、パラ卓球における国内最高峰の大会「国際クラス別パラ選手権」に出場。クラス9でリオ五輪の代表選手に敗れるも、第4位に輝き、今年から日本代表として海外遠征に参加している。オランダやイタリア、ドイツなどを巡り、海外のパラ選手と激しい打ち合いをしてきた。「外国人は体格も大きくてパワーも強い。これが世界かと思った。こんな身体の使い方もあるんだなと勉強になる」。スペイン大会では個人ベスト8に入り、団体戦では銀メダルに貢献した。

 ○…日本体育大への進学が決まっている。「東京五輪で金メダルを獲りたい。自分は技術があるわけではなく、勝ちたいという一心で、粘り勝ちするタイプ。でも、悪い意味で緊張感が無いので、それが課題かな」と屈託なく笑う。底抜けの明るさとポジティブさで、パラ卓球の頂点を目指す。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク