藤沢版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

「第12回日本版イグ・ノーベル賞」研究部門で「落雷観測賞」を受賞した 成田 知巳さん 湘南工科大学 教授 52歳

世に役立つ「落雷研究」を

 ○…世の中を元気に明るくするユニークな研究や活動などを称賛する「第12回日本版イグ・ノーベル賞」の研究部門で「落雷観測賞」を受賞した。湘南工科大学の教授として落雷観測を研究し、センサーで落雷位置を測定するネットワーク装置「ブリッツ」の受信局を日本で初めて導入した。現在は全国21カ所に導入、アジア・オセアニア地域の落雷位置情報をWebサイトで共有できるようになった。「マイナーな研究を注目して下さって有り難い。落雷研究も、実は裏方で役立っているということを知ってもらえれば」と微笑む。

 ○…東京都大田区出身。小学校では理科クラブに所属し、実験が大好きな男児だった。「今思えば、新聞の天気図を切り抜いて集めていた。天気図が好きというよりは理科の先生に憧れていたんだと思う」。卒業式で先生から贈られたメッセージは『一見茫洋としているが、理科の才能があり、将来は発明王になる』―。「とても驚いたので、今でもはっきり覚えています」

 ○…東京理科大学・大学院では半導体の研究に励んだ。勤め先の東京電力では、送電線を管理する現場を経た後、送電線や変電所の落雷対策を担う研究所へ。「雷の知識も無くて最初はキョトンとしていましたよ」と笑う。気象学も学び、今や天気図の解読もお手の物だ。

 ○…3年前、働きながら東京大学で博士号を取得したことが転機になった。母校で非常勤講師を務め、半年後には湘工大の教授に就任。「心の底に『理科の先生になりたい』という気持ちがあって、やっとそこに戻ってきた感じ。でも、教授と呼ばれるのはまだ慣れない」とはにかむ。ゲリラ豪雨や停電の頻発で研究が注目され、この2年は新聞やテレビの取材に追われた。11月には、昨年落雷被害による多数の死者が出たバングラデシュに受信機を設置してくる。「災害対策など研究を通じて世の中に役立ちたい」。雷博士の活躍はますます注目を集めそうだ。

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

麻倉 未稀さん

このほど発足した「ピンクリボンふじさわ実行委員会」の実行委員長を務める

麻倉 未稀さん

7月20日号

細木 佳子さん

女声合唱団「きらきら湘南」の指導を務める

細木 佳子さん

7月13日号

泉原(いずはら) 凪沙(なぎさ)さん

6月に行われた水泳の県高校総体で最優秀選手に選ばれた

泉原(いずはら) 凪沙(なぎさ)さん

7月6日号

渡辺 重雄さん

地域環境美化功績者として環境大臣から表彰された

渡辺 重雄さん

6月29日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

6月22日号

脇田 貴之さん

プロサーファーで30年来、ハワイの「パイプライン」で大波に挑み続けている

脇田 貴之さん

6月15日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しくお得な納涼祭

湘南台商連

楽しくお得な納涼祭

29日 原谷公園で

7月21日~7月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク