藤沢版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める 齋藤 史朗さん 片瀬山在住 85歳

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena

海岸清掃は生活の一部

 ○…海岸清掃を始め20年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の発起人であり世話人を務めている。今でこそ多くのボランティアがビーチクリーン活動を行っているが、20年前その数はとても少なかった。海岸には、ゴミが壁のように積み重なっていたという。「今は本当にきれいになった。活動している人も多い。私たちの役割は達成したのかもしれない」と静かに語る。

 ○…定年退職をして、愛犬を連れて海沿いを散歩していると、落ちているゴミが気になって仕方がない。「じゃあ、拾おうか」と、ビニール袋を片手に始めたことがずっと続いている。最初は少人数でサークルを立ち上げた。小さなポスターやチラシを、近所のスーパーやそば屋に貼ってもらい宣伝すると、少しずつ仲間が増えていった。束縛がないことが特徴で、決まっているのは、活動日が毎週月曜日ということだけ。組織もなく代表もいない。ざっくりとあるが、時間も場所もバラバラという。「大義名分を掲げているわけではなくて、ただ、健康のために一生懸命歩きましょうというゆるさが、会員にも評判だった」と笑う。

 ○…千葉県で生まれ育った。4人兄弟の長男。父は銀行員で、若いころ「後を継げ」と言われたが「いやだ」と跳ね除けた。自身は文学青年で何か文化の香りがする職業はないかと、電通へ就職。テレビやイベントを舞台に活躍し、研修インストラクターとして後輩の教育にもあたった。サークル名の「江ノ島湾護美さぁくる」にも、宣伝マンとしてのこだわりがある。「江ノ島湾」は実在しない名称で創作語。「護美」と書いて「ごみ」と読むセンスも光っている。

 ○…海岸にはいつもお気に入りのスクーターで向かう。海の香りを嗅ぎ、波の音を楽しむことが、いつの間にか生活の一部となっていった。「会員は高齢になっているが、今までと同じように自然体で続けていきたい」。優しく目を細めた。

藤沢版の人物風土記最新6

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

白旗在住 73歳

10月22日号

アレクセイ・トカレフさん

23日の湘南台文化センター星空のコンサートで演奏するトランペット奏者

アレクセイ・トカレフさん

下土棚在住 57歳

10月15日号

平林 春芳さん

ゴルフの県アマチュア選手権で女子ミッドシニアの部で優勝した

平林 春芳さん

村岡東在住 63歳

10月8日号

山田 恵里さん

東京五輪ソフトボール女子日本代表の主将で、市民栄誉賞特別賞を受賞した

山田 恵里さん

用田出身 37歳

10月1日号

塩坂 信康さん

児童養護施設の子どもを支援する「湘南ドリームプロジェクト」の代表

塩坂 信康さん

鵠沼海岸在住 54歳

9月24日号

武本 匡弘さん

プロダイバーで40年来海中を撮影し続け、環境活動家として活動する

武本 匡弘さん

鵠沼石上在勤 66歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook