藤沢版 掲載号:2019年1月25日号
  • LINE
  • hatena

毎月、善然寺でカフェを開いている副住職 戸田 由美(ゆうび)さん 長後在住 56歳

誰もが集える場所を

 ○…「ここでゆっくりして、悩みがあれば聞きますよ」と笑顔で来る人を出迎える。昨年9月から傾聴カフェ「あまカフェ」を毎月第一水曜日に開催し、地域の人の憩いの場を提供している。お菓子やお茶と共に、他愛もない話に花が咲く。家族や友達に話せなかったこともこの場なら不思議と話せてしまう。参加している人にとってオアシスのような存在だ。「カフェをきっかけにお寺を身近に感じてもらえたら」

 ○…傾聴カフェを開こうと思ったきっかけは東日本大震災。傾聴ボランティアとして被災地へ向かった。現地では大切な人を亡くした人や家を失った人たちに出会った。アドバイスを送るのではなく、話をしてもらって、ただ黙って聞く。被災者からは「思いを吐き出すことで気持ちが楽になった」と言葉をもらったことが傾聴カフェをやる後押しになった。「地元でも悩んでいる人がいるならば力になりたいと思うようになって」と目を細める。

 ○…山が好きでスキー場で料理の仕事をした経験を経て、寺へ嫁いだ。普段は経を読み、掃除、庭の手入れを行い、週末は法事を行う。カフェ以外にもボランティアとして電話相談や病院へ赴く。お茶を飲みながら話を聞いたり、工作をしたり。ふとした瞬間に相手から告げられる「ありがとう」。そんな何気ない感謝の一言がボランティア活動の原点だ。「お礼を言われるためじゃないけど、やっぱり人の役に立てていると実感できるから」とやりがいを話す。

 ○…当面は長くカフェを続けることが目標。カフェをきっかけにして、寺が誰もが集える場所として認識してもらえるよう目指す。「話すことで気持ちが楽になることもある。ここにきて、ホッと一息ついてもらえれば」と微笑んだ。

藤沢版の人物風土記最新6件

平井 仁さん

30年に渡って地域の子どもたちの交通安全教室を続けてきた

平井 仁さん

3月22日号

丸山 康彦さん

3月17日に藤沢で開かれる講演会「不安社会を生きる」の講師を務める

丸山 康彦さん

3月15日号

太野垣 圭吾さん

9、10日に湘南台駅地下広場で地域との交流イベントを仕掛ける

太野垣 圭吾さん

3月8日号

海東 保文さん

3月8・9日に開催される「ウルトラ見守りチャレンジ」の実行委員長を務める

海東 保文さん

3月1日号

三觜(みつはし) 由見子さん

神奈川県青少年育成功労者表彰を受賞した

三觜(みつはし) 由見子さん

2月22日号

石井 雅史さん

東京パラリンピック出場を目指し選手復帰を決めた

石井 雅史さん

2月15日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統文化を体験しよう

伝統文化を体験しよう

30・31日 市民会館でイベント

3月30日~3月31日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク