藤沢版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

開通4年後に延期 圏央道「藤沢─横浜間」

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
整備が進む横浜湘南道路トンネル内(国土交通省関東地方整備局提供)
整備が進む横浜湘南道路トンネル内(国土交通省関東地方整備局提供)

安全対策で2千億円増

 新湘南バイパスがある城南地区と横浜市栄区を将来的に地下トンネルなどでつなぐ「横浜湘南道路」の開通時期が2024年度の見通しになることが17日、明らかになった。国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路が16日、圏央道連絡調整会議で県と横浜市に説明した。



 横浜湘南道路は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の一部として「横浜環状南線」(25年度開通予定)とともに整備が進められている。当初は20年度の開通を予定していたが、掘削現場で発生する可燃性ガス(メタンガス)が濃いことやトンネル壁の厚さ基準が変更になるなど課題が浮上。安全に施工する技術確認のため、昨年8月に開通が遅れる見通しを示していた。

 具体的には、トンネルを地中で接合する際に特殊な施工でガスがトンネル内に流入するのを防ぐ。また上下線のトンネル間が狭くなる区間は計器による計測管理を実施し、安全対策を図る。

 同局によると、横浜環状南線と合わせた事業費は7320億円から1兆420億円に増える見込み。横浜湘南道路単独では2千億円増になる。

 横浜湘南道路は湘南バイパスの藤沢インターチェンジ(IC)と高速横浜環状南線の(仮称)栄IC・JCT間約7・5Kmをつなぐ。トンネル区間は約5・4Km(上下線10・8Km)。

弁護士会による藤沢法律相談

交通事故・離婚・相続・労働・お金の貸し借りなど、さまざまな相談が可能です。

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

高齢者接種 5月中旬に開始

高齢者接種 5月中旬に開始 社会

ワクチン接種で市想定

4月9日号

駅周辺、賑わいの拠点に

駅周辺、賑わいの拠点に 経済

広場条例施行 活用本格化へ

4月9日号

市北部活性化に期待感

市北部活性化に期待感 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

余った食料品、困窮者へ

余った食料品、困窮者へ 社会

「フードバンクふじさわ」が発足

4月2日号

最大級の災害に備えて

藤沢市

最大級の災害に備えて 社会

津波ハザードマップなど改定

3月26日号

自宅療養 見守るモデルに

看護師が電話で健康観察

自宅療養 見守るモデルに 社会

藤沢市で先行実施始まる

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク