藤沢版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

2月22日にFプレイスで開催される「子どもの居場所を考えよう!in藤沢」の実行委員長を務める 飯森 正樹さん 藤が岡在住 25歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

子ども目線で真剣に

 ○…市が2018年度に実施した「子どもと子育て家庭の生活実態調査」。浮かび上がったのは、地域の子どもが抱える様々な課題だった。子ども食堂や遊びの場、学習支援などの取り組みも広まっているが、地域で支える仕組みは十分か。そんな発想から当事者を交えて意見交換する場を企画した。「子どもたちの居場所を通じて、街の未来も考えていけたら」

 ○…放課後学習支援などを行う「寺子屋ハウス」を運営するNPO法人の共同代表。児童クラブ職員でもある。これまでの活動を通じて感じるのが、子どもを取り巻く環境の窮屈さ。現代は「時間・空間・仲間」の”サンマ”に加えて「隙間」が失われていると言われて久しい。「子どもも大人もガチガチなんじゃないかな」。自らは近所の空き地で毎日のように遊んだり、学校のプールに忍び込んで叱られたり、わんぱくを体現したかのような幼少期。「褒められたことではないですが、やりたいことを伸び伸びやっていた。子どもたちには内緒です」と舌を出す。

 ○…波乱万丈の人生。小学校に上がる頃に両親が離婚し、母子家庭に。母の仕事帰りが遅く、日々の家事もこなしたが、高校生のときに母が自死で他界。以来、3つ年下の弟と二人三脚で生きてきた。そんな激動も「自分ではあまり気にしていないんです」。「その経験があって今がある。自分たちは楽しく生きているので」

 ○…今年元日に結婚。小学校教諭の妻も共にイベントに参加する。共有したいのは子どもを取り巻く街のあり様。「もちろん居場所は必要だけど、子どもたちが健やかに育つ地域社会を作るには大人が考え方を変えないと。子どもにとっての最善の利益は何か、もっと真剣に考えたい」

弁護士会主催の街かど相談会

相続、不動産、借金、解雇、離婚など、どんなことでもまずはご相談ください!

https://www.kanaben.or.jp/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場を完全 昨年10月より実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

松尾 忠男さん

今月20日、写真集「NEW YORK」を刊行した写真家

松尾 忠男さん

鵠沼東在住 71歳

3月27日号

藤原 博史さん

4月3日に放送されるNHKドラマ『猫探偵の事件簿』のモデルになった

藤原 博史さん

大鋸在住 50歳

3月20日号

安藤 宏子さん

絞り染めの普及、研究に長年尽力する染め物作家

安藤 宏子さん

鵠沼藤が谷在住 78歳

3月13日号

アラカリ 大輔さん(本名:内藤大輔)

「湘南アフリカモン協会」の代表でアフリカンミュージックアーティストの

アラカリ 大輔さん(本名:内藤大輔)

片瀬山在住 39歳

3月6日号

岩下 正明さん

日本将棋連盟の支部会員が競う全国支部将棋県予選会(シニア名人戦)で初優勝した

岩下 正明さん

大鋸在住 65歳

2月28日号

浅井 祥子(さちこ)さん

きょう21日(金)から始まる「鵠沼アートフェスティバル」運営委員会会長を務める

浅井 祥子(さちこ)さん

鵠沼海岸在勤 55歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心揺さぶる風景写真

心揺さぶる風景写真

31日から市民ギャラリー

3月31日~4月5日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク