藤沢版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている 桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん 白旗在住 73歳

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

上手くなくていい

 ○…1993年から続けて30回。節目を迎え「こんなに続くとは」と感慨深い。きっかけは、妻が点字図書館でのボランティアを通じて知り合った視覚障害者との出会い。聞けば「美術館では囲いで仕切られ、作品鑑賞の機会がない」。それならばと自宅に招き、鳩が翼を広げる姿を彫った作品に触れてもらった。「こうやって羽を広げて飛ぶのか」。感動している姿に感銘を受け、すべての作品に手で触れられる個展を企画。作品名の札には点字を添えた。「皆が同じものを楽しめる大切さを感じた」

 ○…愛知県常滑市生まれ。幼い頃から陶彫家の父が粘土に向かっている背中を見て育ち、彫刻家・澤田政廣氏に師事。2007年には「演者」で日展内閣大臣賞を受賞するなど数々の作品を生み出し、湘南大庭市民センター入口の2体の少女像「春の詩」や、藤沢市役所の「我が家のソクラテス」なども手掛けた。個展やグループ展の参加は100回を超える。

 ○…指導者を務め、今回の彫刻展にも出品するアマチュアグループ「土曜会」は、各自が作りたいものを制作するのがモットー。仏像や孫の肖像などさまざまで、「上手くなろうと思わなくていい。その人一人ひとりの人生が表れるのが彫刻なんだから」と笑う。

 ○…アトリエに並ぶ木彫には、山々や家と一本道の情景や、佇む少年や少女の姿。彫った陰影で表情や感情の機微が伝わってくる、繊細な作品もある。触れられて壊されてしまう心配は、と聞くときっぱりと言う。「力が入って折れてしまっても構わない。培った技術で修復できる。多くの人に楽しんでもらえることの方が大切」。この30年で少しずつ実感する「共生」の世の中。「もっと進んでいってほしい」と願いを込めた。

藤沢版の人物風土記最新6

寺嶋 真弓さん

10周年を迎えた藤沢市倫理法人会の会長

寺嶋 真弓さん

茅ヶ崎市在住 43歳

11月26日号

高野 正基さん

学校法人湘南台学園理事長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

高野 正基さん

湘南台在住 68歳

11月19日号

こまつ あやこさん

自身3作目となる「ポーチとノート」を先月出版した児童文学作家

こまつ あやこさん

市内在住 35歳

11月12日号

西永 雄二さん

10月中旬まで初開催された「東リ町アートフェス」を発案した

西永 雄二さん

片瀬海岸在住 50歳

11月5日号

中野 晃太さん

映画『リテイク』に取り組む映画監督でNPO法人湘南市民メディアネットワークの代表

中野 晃太さん

善行在住 34歳

10月29日号

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

10月24日(日)まで「第30回手で触れて見る彫刻展」を開いている

桒山(くわやま) 賀行(がこう)さん

白旗在住 73歳

10月22日号

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook