茅ヶ崎版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

11月11日(金)に「湘南ビジネスコンテスト」に出場する就農者 直井 景子さん 堤 在住 

覚悟決め「女農業道」を

 ○…小さい頃から茶道を習い、今でも週に1回は教室に通う。着物を身にまとうその姿からは、くわを持ち畑で勤しむ光景を想像し難い。農業の新規参入を促進する「かながわ農業サポーター制度」を活用した就農活動は2年目を迎えた。茅ヶ崎・藤沢・寒川町の中小・ベンチャー企業が独自のビジネスプランを発表する「湘南ビジネスコンテスト」に出場する(今回は5団体)。ここでは「地域に根付いた地場産農産物の事業モデルとその展開」について持論を語る。

 ○…現在、芹沢の畑でカボチャやナス、ネギなどの野菜を生育。スタッフ2人、協力農家と一緒に農作業を行っている。「週に3日ほど働いています。私たちのコンセプトは『忙しくしないこと』。スタッフみんなが主婦なので出来る範囲でやっています」。また、作る野菜は無農薬にこだわる。「土の中にいる微生物によって野菜は生かされています。私たちは虫や土を大切にしているんです」

 ○…ファッション業界から農業へ転身した異色の経歴を持つ4児の母。別世界へ足を踏み入れたのは重度の喘息アレルギーを持つ子どもたちがきっかけ。「食事療法などを考えて、本当に美味しいものを提供して家族を元気にしたかった」。それからは大学の集中講座で食について学び、パンや野菜を売って生計を立て、茶道・料理教室にも通った。「その頃は週に3日は寝ない日を作っていましたね」

 ○…現在の販売エリアは畑から半径3Km以内に限定。口コミなどで受注を増やし、今では週に50〜60件の家庭に宅配している。徹底した地域密着型の販売ルート。ゆくゆくは自身の取り組みをモデル事業とし、全国展開することが夢だという。「(失敗しても)環境や周りのせいにしたくありません。私たちは『覚悟』を持ってやっていきたい」。自身が歩んだ、そしてこれから歩んでいく道を「女農業道」と表現する。女性としての芯の強さを窺わせた。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

秦野 拓也さん

3周年を迎えた「NPO法人まちづくりスポット茅ヶ崎」の事務局長を務める

秦野 拓也さん

3月16日号

日向 正篤さん

3月3日、4日に気仙沼を訪問した「NPO法人ちがけせんプロジェクト」の代表を務める

日向 正篤さん

3月9日号

中野 慶悟さん

湘南設計監理協会の新会長に就任した

中野 慶悟さん

3月2日号

中利(なかり) 隆光(たかみつ)さん

「第5回サザンマルシェ」の実行委員長を務める

中利(なかり) 隆光(たかみつ)さん

2月23日号

神村 貴男さん

茅ヶ崎飲食店組合の新組合長に就任した

神村 貴男さん

2月16日号

金井 加代子さん

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める

金井 加代子さん

2月9日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ご当地キャラが大集合

ご当地キャラが大集合

24日・25日 ラスカ茅ヶ崎

3月24日~3月25日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク