茅ヶ崎版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

自転車ロードレースの実業団チーム「PHANTOM湘南」でゼネラルマネージャーを務める 野崎 嘉之さん 共恵「CODE BIKE」代表 44歳

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

自転車に魅せられて

 ○…チーム結成から初のレースを3月21日に宇都宮で経験した。選手を後方から支える立場から、全選手が無事完走したことにまずは胸を撫で下ろす。「今回は顔見せ。ヒルクライム(登坂)に特化したチームなので、本番は4月の大会」と話す一方で「スポンサーは選手が活躍することと、その上で企業の広告塔となることを望んでいる。応援してくれる人のために勝つのがプロ」と気を引き締める。

 ○…出身は相模原。野球、サッカー、剣道に励むスポーツ少年だった。8つ年上の兄の影響で自動車や単車にあこがれ、高校では免許や購入資金のためバイトに明け暮れた。「やり過ぎて親を学校に呼ばれたことも」と頭をかく。卒業後は起業を夢に洋菓子店や水道工事店で働いた。20歳の時、友人に見せられたマウンテンバイクの「格好良さに衝撃を受けた」。自身もマシンを購入し、大会出場やカスタマイズを楽しむうちにすっかり夢中になっていた。

 ○…腰痛を患い転職を決意したところ、行きつけの自転車店のオーナーから起業を誘われた。始めこそ「趣味で食えるわけがない」と思ったが「本気なら面倒をみる」というオーナーと「やってみたら」と背中を押してくれた妻の言葉で覚悟を決めた。整備から経営までみっちりと学び、2003年に茅ヶ崎市共恵で開業。同業者やプロのメカニックなどの仲間に指導を受けて「今ではママチャリからロードバイクまでどんな自転車でもいじれる。困った時に手を差し伸べてくれた人たちのおかげ」と感謝する。

 ○…平塚で妻と12歳の長男、6歳の長女の4人暮らし。長男はロードレースで地方大会の入賞経験があり「娘も運動神経が良いと思うけれど、自転車にまったく興味がない」と肩をすくめる。休日はスポーツカーで峠を走り、バス釣りも趣味だが今はチーム運営が最優先。「自転車で地域を盛り上げ、地域に愛されるチームになりたい」。思いを胸に夢が走り出した。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐藤 たゑ子さん

交通安全功労者として茅ヶ崎警察署から表彰された(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会会長

佐藤 たゑ子さん

茅ヶ崎在住 70歳

12月3日号

矢島 二郎さん

ドイツ大使館主催の日独交流160周年記念イベントにパネリストとして参加

矢島 二郎さん

「ハム工房ジロー」代表取締役 75歳

11月26日号

田中 雄太さん

茅ヶ崎の伊勢海老漁師として、クラウドファンディングに挑戦する

田中 雄太さん

柳島海岸在住 38歳

11月19日号

佐藤 良幸さん

11月20日にペーパークラフト「クイリング」の作品展示を行う

佐藤 良幸さん

十間坂在住 57歳

11月12日号

浜地 沙羅さん

全日本ライフセービング選手権大会で優勝した

浜地 沙羅さん

常盤町在住 16歳

11月5日号

粕谷 武雄さん

初の短歌集『生きる』を出版した

粕谷 武雄さん

菱沼在住 87歳

10月29日号

小清水仏壇店年末セール

お仏壇ご奉仕価格 全商品仏具一式付きで1割~3割引き!

htt9://chigasaki-saijyou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook