茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

茅ヶ崎青年会議所(JC)の2017年度第50代理事長に就任した 高橋 慶さん 幸町在住 39歳

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena

熱い思いで未来へ

 ○…「全力、茅ヶ崎!〜まちのために汗をかけ、涙を流せ〜」を今年度の茅ヶ崎JCスローガンに掲げる。加入8年目で新理事長に就任した。メンバーの自己成長を願い「悔しくて流す涙も、最後には感動の涙になれば」。来年迎える創立50周年に向けた準備の年。9月には茅ヶ崎で神奈川ブロック大会も開かれる。「今年は成長の機会に恵まれています」と強い眼差しで語る。

 ○…浜須賀小・中に通い、ボーイスカウトの活動も行った。その後、都内の高校、大学へと進学。「手に職を付けたくて、文系の専門職と考えたら弁護士しか思いつかなかったので」。努力の末、4回目の司法試験で合格。弁護士として川崎市内で就職し経験を積んだ後、独立した。JCに加入したのは2010年。大学のOB会を契機に偶然出会った先輩の誘いだった。「ほとんど寝に帰るだけだった」茅ヶ崎に、強い地元意識が芽生える転機となったのは13年。「近未来創造特別会議」の副議長として茅ヶ崎JCの近未来を考え、創立45周年誌の製作に取り組んだこと。「『ブロック大会を茅ヶ崎でやろう』と、初めて発信しました。今思えば運命的でした」

 ○…中学校では剣道部に所属し、初段を取得。高校時代はラグビー部に所属するなど、当時からアクティブさを感じさせる。「最近は忙しくてできなくなりましたが、テニスが好きです。あとは昔習っていたピアノも。ショパンやバッハを、たまにだけどポロンと弾きます」と照れくさそうな表情を見せる。

 ○…「努力したからといって必ず成功するわけではない。しかし、成功するためには努力が必要」。その言葉がとても好きだ。「今年の理事長は特殊な年なので大変ですねと言われます」と苦笑いをしながらも、思いは熱い。「人づくり、まちづくり、地域のために、しっかりと目的意識を持ってPRを強化したいです」。まっすぐと未来を見据える瞳に期待が掛かる。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook