茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

「第6回茅ヶ崎さくら祭り」の実行委員長を務める 成田 有輝さん 東海岸在住 28歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

エンターテイナー永遠に

 ○…中央公園を舞台に、4月1日(日)に開かれる「さくら祭り」。茅ヶ崎の街全体を巻き込んだ巨大花見の、幹事ならぬ実行委員長だ。音楽ライブなどが行われるステージを囲むようにブルーシートを敷きつめ、その後方には屋台やフリーマーケットのブースが軒を連ねる。「手ぶらで行って、ステージを見ながら飲み食い。会場に一体感を出したかった」という新仕様のレイアウトで、今年の春を演出する。

 〇…生まれは、北海道函館市。小学4年生から始めたサッカーにのめりこみ、高校時代はレギュラーとして出場した北海道大会でベスト4に。当時、公立高校としておよそ30年ぶりとなる快挙の一翼を担った。それでも、「監督から技術面を褒められたことはほとんどなかった」という。一方で、指揮官が絶賛したのがハートの強さだった。その強心臓ぶりはサッカーに留まらない。高校2年時、卒業生を送る会で笑いをとろうと、生徒1200人を前にセーラー服を着て壇上に。「小さいころから人前で何かをやるのが好きだった。でもその時は、めちゃくちゃすべって…」と自嘲的な笑いを響かせる。

 〇…それから4年後、文教大学情報学部で広報を学んでいた青年は、ステージを海の家に移して再び周囲の笑いを誘っていた。『ラムネマン』─。アルバイトでラムネを売ろうと、裸身の胸部にマジックでそう書き記し、買ってくれた人には即興の”ラムネ踊り”で感謝を伝えた。そこで出会ったのが、現在編集長を務める茅ヶ崎のフリーペーパー「ブロケード」の創業者たち。以来、アルバイトを経て大学卒業後に就職。飲食店や美容室への営業・取材・原稿製作までを今は一人でこなしている。

 〇…孤独な戦いに「苦しいです」と本音を漏らしつつ、「それ以上に茅ヶ崎には楽しさがある。イベントや発行物を通じて、自分の街を好きになるお手伝いがしたい」。メンタルは強い。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

佐々木 友路さん

9月から茅ヶ崎市倫理法人会の会長に就任した

佐々木 友路さん

藤沢市在住 41歳

9月24日号

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook