茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

1月19日(土)に30周年音楽祭を開催する茅ヶ崎童謡の会「しおさい」を指導している 内山 喜代子さん 東海岸南在住 74歳

「童謡をもっと楽しく、面白く」

 ○…30周年を迎えた「しおさい」の設立半年後から指導を続け、現在は約100人のメンバーに歌の力を伝えている。「当初から所属する90歳の方もいらっしゃる。『好きだから続けられる』と言って下さる方が多く30年の重みを感じるが、だからこそ節目を良いものにしたい」と快活に話す。

 ○…学校教員の両親のもとに生まれ、5歳でひばり児童合唱団に入団。気さくに語る今の姿から想像もつかないが、「自分から入りたいと言ったのに、引っ込み思案だったから初めは泣いてしまった」という。当時から変わらないのは「好きなものに一途で、情熱を持ち続けること」。ピアノも習い、茅ヶ崎小の頃にはひばり合唱団でテレビやラジオに出演。レコーディングに参加した時に編曲の方法を体で覚えた。今回披露する童謡や歌謡曲も自身で編曲し、「より歌いやすく面白く」とアレンジを加えている。

 ○…20代でオーディションを受け、女性6人組コーラスグループ「ヴォーチェ・アンジェリカ」としてプロ活動した後、結婚し2人の娘に恵まれた。合唱団で「厳しく基本を教える」をモットーに指導していたが、母親が倒れた時に腹式呼吸の大切さを知り、「音楽はもっと楽しく。リラックスして大きな声で歌おう」というのが、今も続けているコンセプト。「しおさい」では、いつも呼吸法の練習を欠かさない。

 ○…童謡を歌い指導する中で、茅ヶ崎ゆかりの作曲家「山田耕筰」に並々ならぬ思いを持つ。自ら調査し足を運び、耕筰が茅ヶ崎に住んでいたことを突き止めたほどの熱の入れようだ。音楽祭当日に披露する、自身が作詞作曲した「赤とんぼ音頭・甚句」には、「茅ヶ崎で生まれた『赤とんぼ』を遊ぶように楽しみ、後世に広めたいと願いを込めた」と笑顔を見せた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

三輪 和子さん

市美術館で「摩訶不思議動物園」を開催している茅ケ崎養護学校の総括教諭

三輪 和子さん

2月15日号

岸本 武也さん

「市民ふれあいプラザお笑いライブ」に出演する元お笑い芸人の市職員

岸本 武也さん

2月8日号

小林 鉄斎さん

ワールド・フォトグラフィック・カップ2019の日本代表に選ばれた

小林 鉄斎さん

2月1日号

鈴木 美代子さん

鶴嶺小学校で栄養教諭を務める

鈴木 美代子さん

1月25日号

柴田 壮介さん

湘南ベルマーレでプロ契約を結んだ

柴田 壮介さん

1月18日号

中村 美穂さん

「2019年茅ヶ崎市成人のつどい」実行委員長を務める

中村 美穂さん

1月4日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク