茅ヶ崎版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

今年25周年を迎える茅ヶ崎ラグビースクール校長の 竹田 勝信さん 67歳

明朗快活なラガーマン

 ○…「はじめるときは気楽に楽しく。はじめたからにはとことん」。今秋にラグビーW杯日本大会を控え、沸く茅ヶ崎。ラグビースクールに所属する女子14人を含む約180人の生徒、80人のスタッフをまとめ上げる。

 ○…島根県出身。小・中学校では意外にも運動が苦手で、「クラスで一番足が遅かった」と快活に笑う。手先が器用で、小5で鉱石ラジオを自作したこともあった。高校卒業後、日立製作所への就職を機に上京。IHヒーターの先駆けにあたる商品などの研究開発に従事した。その後神奈川へ移住。30歳で社内結婚し、2人の息子に恵まれた。40歳になる頃には、当時アメリカで市場を開いていた大型プロジェクターテレビなどの設計に携わった。趣味は家庭菜園で「ほうれん草やサラダ菜が美味しいと評判」と健康的な笑みがまぶしい。

 ○…職場の同僚に誘われるまま会社のラグビー部に入部したのが転機。自身も試合をこなしながら、息子の通う平塚ラグビースクールの校長を任せられた。当時はグラウンドも無く満足に練習もできない環境で、生徒やコーチも減少し、「人数不足で、敵チームから人を借りて試合に出ることもざらだった」。苦難の時代を超え、平塚校の解散を機に茅ヶ崎校へ。柳島スポーツ公園の開園で、数年前に市内から姿を消していた悲願のゴールポストも復活し、「誇らしいね」と胸を張る。

 ○…「危険なスポーツ」のイメージを払拭し、安全性を高めるためコーチ体制と受け入れ体制の強化に着手。結果、2015年のW杯のブームでは、県内のスクールの中でも一番の生徒数増加を記録した。「自分は何にもしてないけど」とあくまで謙虚だ。今後もラグビーの魅力を次世代に伝え続け、「夢のあるスクールにしたい」と意気込んだ。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

栗栖 浩之さん

茅ヶ崎商工会議所青年部の会長に就任した

栗栖 浩之さん

4月19日号

松澤 周平さん

東京ヴェルディ1969のトップチームで通訳を務める

松澤 周平さん

4月12日号

竹内 清さん

市教育委員会の教育長に就任した

竹内 清さん

4月5日号

鍵主(かぎぬし) 恭夫さん

結成20周年の青湘会を主宰する

鍵主(かぎぬし) 恭夫さん

3月29日号

北村 征一さん

神奈川県から市内で4人目の指導漁業士として認定された

北村 征一さん

3月15日号

水島 將隆(まさたか)さん

3月14日の防災イベントで講師を務める日本防災士会湘南支部理事

水島 將隆(まさたか)さん

3月8日号

茅ヶ崎市議会議員選挙 

4月21日(日)午前7時から午後8時まで投票、即日開票。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

柾木太郎

住みたいまちNO.1を目指して!茅ヶ崎市議会議員6期目。

http://masakitaro.com/

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク