茅ヶ崎版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

著書『高砂緑地の四季』を発行した 渡辺 功さん 東海岸北在住 82歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

機微に触れる地域人

 ○…鳥のさえずり、10mほどはあろう松、季節を彩る草花…。自宅のすぐ前に広がる空間を舞台に、『高砂緑地の四季』を自費出版した。「ここは静謐(せいひつ)な雰囲気。今の時期は緑がきれいで、風も吹き抜けて気持ちいい」と口元を緩める。

 ○…愛犬「マル」を連れ、毎朝5時すぎには高砂緑地を散歩。そうした生活の中で、「自然と言うものは奥深いなと。その気になれば見られるものがある」と変化を感じれば筆を執り、原稿用紙に書き溜めていった。例えば、美術館駐車場の東端に立つウルシ科の「ハゼ」が見せた秋夕のワンシーン。周囲の樹木は枯れ葉となる中、ハゼの枯れ枝には真っ赤な1枚の葉が。「まもなく自らも果てる姿を晒していて息をのんだ。しかし、その1枚の葉は緑地全体を引き締めていた」。そして今年3月、50ページにおよぶ著書を発行。近所の人々や市役所に配った。茅ヶ崎市立図書館にも寄贈し、2階の資料相談室で誰でも閲覧可能だ。

 ○…東京都品川区で、9人兄弟の6番目に生まれた。「兄弟が多いからか、外でも物怖じしない子どもだった」と言い、父親が経営する薬局を高校生の頃から手伝い、近隣家庭に医薬品を売ってまわった。「御用聞きだね。毎日自転車でまわって、奥さんたちと話して」。小山台高校を卒業し、父と同じ薬剤師を志して東京薬科大学へ。就職した外資系製薬会社では、営業や社内研修の講師も任された。退職後は平塚市内の薬局に勤務し、80歳まで労を惜しまず働いた。

 ○…妻の実家がある茅ヶ崎にやって来て46年。東海岸北一丁目の自治会長は6年目に突入した。知り合いに会えば、「今日はいい元気ですね」「奥さん元気?」と口が開く。「すぐ声を掛けちゃうんだよなぁ」と照れた姿が愛くるしい。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

金丸 泰山さん

茅ヶ崎初の少年少女国連大使

金丸 泰山さん

東海岸南在住 15歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク