茅ヶ崎版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

映画『Diary』を製作し、茅ヶ崎映画祭で上映する 山本 久美子さん 浜須賀在住 58歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

「母の声が聴きたかった」

 ○…「人が死んでいくということはどういうことなのだろう。最後まで、追いかけたい」。2012年に母の大腸がんが発覚し、1年9カ月にわたる闘病記をビデオカメラで撮影、40分の映画にまとめた。医師の治療方針説明や、抗がん剤投与の瞬間、食事の風景といった日常の中、無口な母だったがカメラを向けると、ポツポツと語り始めた。「母の声が聴きたかった。カメラがそれを可能にしてくれました」

 ○…鎌倉で生まれ育った。東京外国語大学ではペルシャ文学を専攻。渡英し、大学で博士課程を修了し、イランの民族叙事詩『シャー・ナーメ』の変遷に口承が与えた影響を考察した研究書など2冊を出版した。母が茅ヶ崎に購入した現在の家に帰国したのは34歳の時。証券会社での翻訳や、東京大学教養学部で英語を教えながら大学院でイラン映画を研究した。

 ○…「久美子」。ある日、珍しく母から助けを求める声がかかった。ふすまを開けると動けなくなった母がいた。同じ家にいながら仕事を理由にすれ違い、食欲がないと相談を受けても「病院に行ったらいいんじゃない」と突き放した矢先だった。大腸がんでステージIV、余命数週間。映画関係の友人に記録撮影を依頼したが、逆に、あなたが撮りなさいと、ビデオカメラを渡された。

 ○…合言葉は「カメラする」。週末にリビングでカメラを回しながら母の幼い頃や亡き夫との馴れ初めの話を聞く時間が、互いのわだかまりを解いていった。「いつしか呼び名が“あなた”から“ママ”に変わった」。母の最期は、穏やかに訪れる。「全く苦しまずに逝った。その呆気なさに、思わず笑ってしまった」と振り返る。「死とはなにか。母が最後に教えてくれました。ありがとう。私はママの娘だったんだよ」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook