茅ヶ崎版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

茅ケ崎警察署長に9月に就任した 片桐 俊彦さん 十間坂在住 59歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

”市民目線”で安全守る

 ○…茅ケ崎警察署の第47代署長に就任した。保土ヶ谷署に続き、2度目の署長職。丘陵地の多いエリアから異動して1番驚いたのは自転車の多さだといい、「市民からの要望も多いので、事故の実態を踏まえた安全対策に力を入れたい」とうなずく。日々大切にしているのは“市民目線”。「茅ケ崎署があって良かったと思ってもらえるよう、署員一丸となり職務にあたりたい」と迅速・丁寧な対応を心掛ける。

 ○…横須賀市出身。絵を描いたり、ピアノを弾いたり、インドアな少年だったと振り返る。一転して、中学に入ると“サッカーの王様・ペレ”に触発され、友人とノリでサッカー部へ。しかし「ずっと補欠だった」と苦笑い。高校、大学と進学し、就職活動を始めた頃に、神奈川県警が就職先の候補の一つになった。「今思えば、親父の背中を追いかけたのかも」。警察官だった父と同じ道を進み、地域を守る第一線へと歩み出した。

 ○…警察官になって数年目に扱った交通死亡事故が、後の人生に大きく影響を与えた。「今までいた人が、こんなにあっけなく亡くなってしまうのか」と虚無感を抱き、志願して交通警察へ。「少しでも交通事故をなくしたい」と、第一交通機動隊や駐車対策課、交通総務課、交通指導課など交通警察の最前線で活躍してきた。取り締まりでは文句を言われることもあったというが、「話を聞き、説得して、最終的に感謝されたことはうれしかった」と頬をゆるめた。

 ○…趣味はドライブや読書。休日になると、同じ趣味を持つ妻と一緒に出掛ける。「寒川神社に行ったり、あとは街中をぐるぐるして道を覚えています」とはにかむ。「交通事故を減らすためにも、安全運転を市民の皆さんにも心掛けてもらいたい」と言葉に力を込めた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

相澤 實さん

茅ヶ崎市美術館の「國領經郎展」に 写真家として携わる

相澤 實さん

松浪在住 76歳

7月3日号

五十嵐 好江さん

人権擁護委員として令和2年度神奈川県民功労者表彰を受けた

五十嵐 好江さん

東海岸北在住 77歳

6月26日号

瀬知 容子さん

「コロナ〜ひかりのわ〜」をユーチューブで配信しているシンガー

瀬知 容子さん

柳島在住 39歳

6月19日号

富田 雄也(かつや)さん

環境事業センター所長の

富田 雄也(かつや)さん

松が丘在住 49歳

6月12日号

中沢 明紀さん

4月から茅ヶ崎市保健所の所長を務める

中沢 明紀さん

茅ヶ崎在勤 65歳

6月5日号

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

スケッチエッセイ集『くさぐさの記』を刊行する

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

浜須賀在住 73歳

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク