茅ヶ崎版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

嚥下食メニューコンテストで最優秀賞を獲得した 宮城島 宏さん 松林在勤 40歳

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

隠し味は利用者の声

 ○…おいしくない、見た目がよくない、病気の人が食べるもの―。こうした嚥下食(えんげしょく)のネガティブなイメージを払拭すべく日々調理場に立つ。松林ケアセンターの管理栄養士として嚥下食のレシピを開発し、このほど全国規模のコンテストで最優秀賞を獲得した。「これをきっかけに嚥下食の魅力を発信していきたい」

 ○…食事がしにくくなる「嚥下障害」の原因は、筋肉の衰えや認知症、脳梗塞に伴う麻痺などさまざまある。「原因に応じて柔らかさや細かさを微調整する必要があるが、実は10年ほど前までその事実を知らなかった」と話す。きっかけとなったのはある女性の施設利用者。自信を持って作った食事に一切口をつけなかったことがショックだった。食べない理由を調べる中で嚥下障害について学び、その後は試行錯誤の日々。苦心の末作りあげた嚥下食を、その女性に食べてもらえたときのうれしさは忘れられないという。

 ○…小学生の頃から料理好き。特にホットケーキを使った創作料理は思い出深く、親に振舞って反応を見るのが楽しかったという。食に携わろうと栄養専門学校に入学し、卒業後は福祉施設での栄養士の道へ。22歳で調理場の責任者となったことを機に、利用者の声を聞き始めた。「最初は辛口コメントばかり。調理場の外に出るのが怖かった」というが、意見を取り入れるうちに調理の腕をあげていった。

 ○…「施設は料理店と違い、食べてもらわなくてもお給料は貰える。でもそれじゃいけない」と語る。そんな思いが伝わったのか「利用者が厨房まで来て今回の受賞を祝ってくれた」と満面の笑みを見せる。これからも利用者の意見を「隠し味」として加えながら、誰もがおいしく楽しめる食事づくりを続ける。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

門脇 匡志さん

団体「REALこども支援」代表

門脇 匡志さん

平和町在住 43歳

9月18日号

小桜 舞子さん

デビュー20周年を迎えた演歌歌手

小桜 舞子さん

茅ヶ崎市内在住 42歳

9月11日号

豊嶋 ときわさん

茅ヶ崎市私立幼稚園協会の会長を務める

豊嶋 ときわさん

芹沢在住 71歳

9月4日号

那須 かおりさん

聴覚障害者を支援する「みみとこころのポータルサイト」を立ち上げた

那須 かおりさん

茅ヶ崎在住 39歳

8月28日号

Peanut(ピーナッツ)さん(本名:田中奈津美さん)

市内飲食店を紹介する人気ブロガー

Peanut(ピーナッツ)さん(本名:田中奈津美さん)

市内在住

8月21日号

桑原 将志さん

幸町でユニークなこども食堂「喫茶 零(ゼロ)」を企画・運営する

桑原 将志さん

湘南台在住 21歳

8月14日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク