平塚版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

プロ棋士82人と1000面打 囲碁まつりが7日、駅前で

文化

毎年各地から囲碁ファンが集まる
毎年各地から囲碁ファンが集まる

 湘南ひらつか囲碁まつりが今年も、紅谷パールロード商店街を会場に10月7日、開催される。桃浜町の自宅に道場を開き、多くのプロ棋士を世に輩出した木谷實九段(1909-1975)にちなんで開かれ、今年で17回目。

 メーンは、同商店街に約180mにわたって碁盤を並べ、千人がプロ棋士に挑戦する1000面打ち大会。二十四世本因坊秀芳や大竹英雄名誉碁聖、小林覚九段ら木谷門下生をはじめ、前期碁聖で今期の名人戦挑戦者の羽根直樹九段ら、82人の棋士が胸を貸す。

 時間は午後1時〜4時30分。当日飛び入り参加は定員200人。当日午前11時〜正午に旧長崎屋東側の本部テントで受け付ける。

 また、小島高穂九段の囲碁入門教室(午後1時30分〜2時30分)やトッププロの囲碁教室(午後1時40分〜3時20分)、漁師鍋(午後2時30分〜)なども予定。市制80周年を記念し、次のようなイベントも開かれる。

▽七路盤大会/七夕にちなんだ七路盤大会。当日20人程度の飛び入り参加も受け付ける。時間は午前11時〜12時45分。

▽詰碁ウォーキング/まちかど広場、木谷實・星のプラザ、駅北口の囲碁モニュメントで、詰碁の問題を配布。参加者は問題を考えながら、3カ所を歩く。時間は午前11時〜12時30分。

 問い合わせは市文化スポーツまちづくり振興財団【電話】0463・32・2237。
 

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク