平塚版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

「日本一」笹尾さん写真展 市美術館で5月15日から

文化

愛用のカメラを手に笑顔でポーズ
愛用のカメラを手に笑顔でポーズ
 アマチュアながらも、美しい自然の一瞬を見事に切り取る敏腕カメラマンがいる。松風町在住の笹尾敏子さん(75)だ。笹尾さんは6千点近い作品が寄せられた全国コンクールで昨年優勝している。今月には市内で初の個展を開催、故郷へ錦を飾る。

 笹尾さんは、昨年行われた第34回「日本の自然」写真コンテスト(主催/朝日新聞社ほか)の一般部門で、全国から寄せられた5947作品の中から最高位にあたる最優秀賞に輝いた。

 受賞作の「三兄弟」は、昨年に大磯運動公園貯水池で撮影した。貯水池に作られたアオサギの巣に卵を見かけた笹尾さんは、卵がふ化し、やがて羽ばたくまでの3カ月間にわたり公園に通い詰め、「三兄弟」の成長をレンズ越しに見つめてきた。

 貯水池に足を運んだ回数は実に35回におよび、そのつど80枚以上のシャッターを切ったという。「兄弟でケンカをする時もあり、ハラハラドキドキの連続でした」と笹尾さんは振り返る。

 カメラとの出会いは今から27年前。子育てが一段落した48歳の時、好奇心から地域の女性カメラサークルに入った。「感動した瞬間にシャッターを切ることに忘れがたい喜びを感じた」という笹尾さんは、カメラの講習会に通ったほか、参考書も読みあさり、撮影技術を身に付けていった。

 おととしの「日本の自然」写真コンテストでも入賞を果たした笹尾さんは、これまで都内や横浜で個展を開催、来場者からも高い評価を受けた。近年ではモンゴルにまで足を伸ばし、現地のイーグルハンターを追いかけるなど活動の場を広げている。「お祭り会場や各地の公園など、撮影地には歩いて行くので健康にも良い。カメラは趣味であり生きがい」と笹尾さんは笑顔で話している。

 市内で初開催となる個展「『日本の自然』最優秀賞受賞記念展」は市美術館で5月15日(火)〜20日(日)、午前9時30分〜午後4時30分(初日は1時〜、最終日は4時まで)。期間中は「三兄弟」をはじめ、2016年の「日本の自然」写真コンテストの入賞作品や、モンゴルで撮影した写真などおよそ100点が並ぶ。

 写真展に関する問い合わせは笹尾さん【携帯電話】090・6575・3711。

受賞作の「三兄弟」
受賞作の「三兄弟」

数量限定!大人気メニュー

箱根「田むら銀かつ亭」の豆腐かつ、自然薯コロッケ使用のサンドウィッチ販売中

https://www.brooks.co.jp/nk/cafe/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

山協印刷 テクノフェアに出展

山協印刷は湘南クチコミナビ「湘南ナビ!」を応援しています。

http://www.shonan-navi.net

鈴木製餡所 テクノフェアに出展

10月20日(土)当店ブースで特選あんこ「湘南の夢®」(こし/小倉)など販売

http://suzukiseian.d.dooo.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク