平塚版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

横内在住小宮さん 自作カードゲーム製品化 家族の思い出「バナナの木」

文化

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
可愛らしいイラストが描かれたカードを紹介する小宮海里さん
可愛らしいイラストが描かれたカードを紹介する小宮海里さん

 家族で楽しく遊んだカードゲームの製品化に向け、横内在住の大学生・小宮海里さん(23)が奔走している。「バナナの木」と呼ばれるゲームで、20年前に海里さんの父が考案したもの。「楽しい時間づくりのきっけに」と家族ぐるみで製品化に踏み切った。

 「バナナの木」は、同じ色のバナナカードを7枚集めて得点を競うゲーム。テレビゲームの流行を横目に、「みんなでする方が楽しい」と考える海里さんの父が20年前に家族のために作製した。

 海里さんによると「バナナの木」は、相手の手札を推理しながら、駆け引きするところに楽しさがあるといい、運を味方につけて大逆転も可能だ。自宅では毎年正月やお盆になると親戚もゲームに加わり、時間を忘れて夢中になったという。

 製品化のきっかけは昨年3月。思ったように就職活動が進まない海里さんが両親に悩みを打ち明けたところ、偶然「バナナの木」が話題に上がったことだった。「きちんと形に残したい」と願う海里さんをリーダーに、両親と知人2人を加えてプロジェクトチーム「NIJI EARTH」を立ち上げてスタートした。

 懸念材料の認知不足はSNSで周知を図り、資金はクラウドファンディング(CF)で調達。5日時点で163人から目標金額30万円を大きく超える約51万円を集めて、10月の製品化に向けめどを立てた。

 海里さんは、「このゲームで家族との時間がさらに楽しいものになっていた」とし、「私の体験が広まって欲しい」と期待を寄せていた。CFは29日まで解説動画付きで下記のサイトで実施している。
 

平塚版のトップニュース最新6

灯ろう浮かべ、平和希求

灯ろう浮かべ、平和希求 社会

総合公園で市民イベント

8月11日号

金目小の道越さん全国へ

バドミントン女子

金目小の道越さん全国へ スポーツ

初舞台に向け意気込み

8月11日号

手術支援ロボ 10月稼働へ

平塚市民病院

手術支援ロボ 10月稼働へ 社会

国産機導入は県内初

8月4日号

子どもの宿題お助け

市地区図書館

子どもの宿題お助け 教育

夏休み期間中、月曜開館

8月4日号

囲碁の高校全国大会へ

横内在住尾島さん

囲碁の高校全国大会へ 教育

平常心で「ベスト16目指す」

7月28日号

聞かせて子育てママの声

母親グループ

聞かせて子育てママの声 教育

1000人目指しアンケート

7月28日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook