神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2021年7月15日 エリアトップへ

「神奈川モデル」平塚でも コロナ療養 24時間ケア

社会

公開:2021年7月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
取材に応じる真間所長
取材に応じる真間所長

 神奈川県が地域の医師会に委託し、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者を看護師や医師が24時間体制でケアしていく、いわゆる「地域療養の神奈川モデル」が6日、平塚市でも始まった。

重症化の懸念いち早く対応

 市内に24カ所ある訪問看護ステーションのうち10事業所・32人の看護師や地域の医師らの協力で行われる神奈川モデル。

 市では、平塚市医師会(久保田亘会長)が訪問看護ステーションを運営していることもあり、両者の連携が密。こうした背景から神奈川モデルの導入が実現した。

 県は、重症化が懸念される自宅療養者の健康状態を1日に2回、市に送っている。これを受け看護師らは療養者に電話で健康観察を実施。必要に応じてガウン・フェイスシールド・マスク着用など感染症対策を徹底して療養者宅を訪問し、対面で症状を確認する。

 市医師会の医師は看護師からの相談をうけ、オンライン診療や検査を実施する。症状に応じては県と調整しながら入院する先を探すほか、薬剤の処方なども行う。

 市医師会訪問看護ステーションの真間あけみ所長は神奈川モデルについて「入院が必要な人を一刻も早く探す、命を守っていくのが目的です」と説明する。

県内4例目

 神奈川モデルは、3月下旬に藤沢市で先行実施され、5月に鎌倉市、6月に横須賀市にも広がった。三浦市でも平塚市と同じ6日からスタートした。藤沢市では3月23日〜7月4日の104日間で対象者177人に対し訪問件数は76件だった。

 真間所長によると、7月8日午後3時時点での訪問件数は1件。一方、重症化が懸念される対象者は1日に7人程度が報告されているという。真間所長は「寝たきりの方や一人暮らしの方も少なくない。医師会と連携し、かけがえのない命を守っていきたい」と話している。

平塚版のトップニュース最新6

総合計画を策定

平塚市

総合計画を策定

人口減少の抑制に力

2月29日

7億円を追加負担

龍城ケ丘公園整備

7億円を追加負担

平塚市、資材高騰などで

2月29日

市内初の「優秀館」に

なでしこ公民館

市内初の「優秀館」に

交流促進の取り組み評価

2月22日

売却先、5月までに選定

神大平塚キャンパス跡

売却先、5月までに選定

優先交渉権者を公募

2月22日

当初予算、初の1千億円超

平塚市

当初予算、初の1千億円超

「未来への投資」へ積極編成

2月15日

全国大会で準優勝

女子レスリング

全国大会で準優勝

松原小6年 佐藤莉桜さん

2月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook