平塚版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

港小学校 リトアニアと交流今も 両国児童 春題材に発表会

教育

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
画面に向かいリトアニア国旗を振る児童ら
画面に向かいリトアニア国旗を振る児童ら

 港小学校の4年生が4月27日、リトアニア共和国カウナス市のパネムネ小学校に通う児童とオンライン上で交流した。東京五輪・パラリンピックでは平塚市が同国のホストタウンを務め、両校も2018年からパートナーシップ宣言を交わして交流を続けてきた。画面越しに対面した児童らは、自国の春をテーマに発表しあいながら友情を育んだ。

 両校は、東京五輪で平塚市がリトアニアのホストタウンを務めることを契機に、2018年から小学生親善大使(スクールアンバサダー)の受け入れや手紙のやり取りなどを通して交流を継続。五輪後も両国の文化などを理解する機会を作ろうと、平塚市やカウナス市の協力でオンラインによる交流会が企画された。

 4年生3クラスと、パネムネ小学校の9歳から10歳までの約40人が参加。港小児童は、柏餅や桜エビなどの食べ物、桜や水仙などの花を例に挙げながら日本の春を紹介し、5月5日のこどもの日には家に兜を飾り、鯉のぼりを掲げる日本独自の風習なども伝えた。

 パネムネ小の児童は、春になると鶴やコウノトリなどが越冬先から飛来し、3月はカラス、4月はハトなど、春の月の呼び方に鳥の名前が使われていることなどを発表。5月の第1日曜日には母親に花を贈る習慣があり、イースター(生誕祭)を楽しみにしているといった文化に触れた港小児童は、メモを取りながら理解を深めていた。

 質疑応答では、「好きなスポーツは何ですか」「学校は何時から始まりますか」などの質問に答える姿も。参加児童は「リトアニアのことが良く分かって楽しかった」と振り返った。

平塚版のトップニュース最新6

小林君が2年連続V

アマゴルフ高校生の部

小林君が2年連続V スポーツ

上級生との接戦制す

5月26日号

ごみ収集車の火災多発

ごみ収集車の火災多発 社会

今年度4件、ともに不燃物

5月26日号

殺処分ゼロを継続

県動物愛護センター

殺処分ゼロを継続 社会

犬は9年、猫は8年連続

5月19日号

100年前の掛け軸発見

岡崎在住佐藤さん

100年前の掛け軸発見 文化

再表装し岡崎神社へ寄贈

5月19日号

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 コミュニティ社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook