神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

平塚市 可燃ごみ 収集時間を通知 アプリ「さんあ〜る」と連携

社会

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
収集車に設置されたタブレット端末(画像の一部を加工しています)
収集車に設置されたタブレット端末(画像の一部を加工しています)

 平塚市は、ごみ分別アプリ「さんあ〜る」を使って可燃ごみ収集の目安時間を通知する取り組みを4月中旬から始める。新たに導入したごみ収集車両の運行管理システムを活用し、車両の位置情報などをリアルタイムで把握。市では収集ルートの最適化にもつながるとし、業務の効率化やCO2排出削減などの効果を期待している。

 ごみ出し時間の目安は収集日の早朝から午前8時30分までとされているが、収集時間は地域によってばらつきがある。集積所のごみがカラスに荒らされる被害に頭を悩ませる自治会も多く、関係者からは収集直前にごみを出したいといった要望が寄せられていたという。

 市が導入したシステムは、収集車に設置したGPS機能の付いたタブレット端末で、車両の位置情報や収集の軌跡・履歴を把握。ごみの分別方法や収集日などを調べられるアプリ「さんあ〜る」と連携することで、可燃ごみがいつ頃収集されるのかを地区ごとに時間で通知できるようになる。可燃ごみ収集の目安時間をアプリなどで知らせるサービスは県内初。導入費は約1800万円で、初年度は約150万円の保守料を計上している。

収集業務の効率化も

 市内にはごみ集積所が約1万2千カ所あり、回収ルートはこれまで収集作業員の経験や勘に頼る部分が多かった。システムの導入に向け、市収集業務課では昨年12月から運行データの蓄積を進めており、回収ルートを最適化することで「収集漏れの防止やCO2排出削減などにもつながる」と話す。

 地震や風水害時には、被害状況をタブレット端末で撮影した画像を車両同士で共有することができ、迂回判断なども迅速に行えるようになる。同アプリを通じた市民への情報提供や市災害対策課との連携を通して、防災分野での活用も期待できるという。

不法投棄の通報機能

 システムの導入に合わせ、同アプリに不法投棄などの通報機能も追加された。

 これまでは電話による通報がほとんどだったが、収集漏れやごみの散乱、小動物の死骸などについても写真や現在地などを送信できるため、市民からの問い合わせに対して迅速に対応できるようになるという。

買い物ついでにぜひお立ち寄りください

記念硬貨・金貨・銀貨、古銭など高価査定中!

https://kaitorikinfuji.com/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

空手国際大会で優勝

めぐみが丘の高橋芽依さん

空手国際大会で優勝

4度目の挑戦で栄冠

5月16日

若者の奨学金返済を支援

平塚市

若者の奨学金返済を支援

29歳以下対象に年10万円

5月16日

搬送にマイナカード活用

平塚市消防本部

搬送にマイナカード活用

全国に先駆け実証事業

5月9日

ランク戦でTKO勝利

湘南龍拳大橋波月さん

ランク戦でTKO勝利

ライトフライ級8位に

5月9日

5月5日は「相模国府祭」

5月5日は「相模国府祭」

前鳥神社、八幡宮など参集

5月2日

家事育児まるごと支援

産後ドゥーラ湘南

家事育児まるごと支援

訪問ヘルパー事業登録

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook