神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

平塚中央ライスセンター 市内3カ所目の設置 金田・岡崎・旭エリア請け負う

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
ライスセンター内で施設を紹介する(左から)今井さん、二宮代表、吉野さん
ライスセンター内で施設を紹介する(左から)今井さん、二宮代表、吉野さん

 県内トップの米の生産量、水田面積を誇る平塚市。育苗から収穫、乾燥まで稲作の全工程を請け負う農地所有適格法人「平塚中央ライスセンター」(二宮敏郎代表)の新施設の竣工式が3月25日に行われ、地元関係者ら約60人が参加した。ライスセンターは、片岡ライスセンター利用組合、湘南ライスセンターに続き3カ所目となる。

 農家の高齢化や後継者不足、農業機械の更新費用の高騰などの理由から、自らの手で作業が困難となり、外部へ委託する農家が増えている。これを受け稲作の全作業、大規模面積を請け負う法人化した組織の創出に向け、平塚市、JA湘南、農業委員会事務局とともに6年前から協議し、2022年10月に受託組織「ライスセンター」を設立。二宮代表をはじめ、小川正夫さん、吉野徹さん、今井信行さん、江原洋一さん5人の米農家で運営している。

 平塚中央ライスセンターでは現在、金田エリアを中心に18ヘクタールの農地面積を請け負う。二宮代表は「今後は、岡崎と旭にも事業エリアを拡大し、30ヘクタールの農地面積を目指したい」と話す。

「スマート農業」拡充

 ITを活用した「スマート農業」の拡充に向け、農地管理を行うためのアプリを導入し、5人で全ての作業の進捗確認を行っている。また同センターでは、スマート対応のトラクター2台、田植え機2台、コンバイン2台など、最先端の機械を所有。二宮代表は「地域農業の維持、拡大、遊休農地の受け入れなどを積極的に行っていきたい。休耕田があれば任せてほしい」と話した。

 今後同センターでは食育の取り組みの一環として、市内外の人に対し、田植えから収穫までを体験できる企画を予定しているという。

 問い合わせは同センター【電話】0463・58・2993。

買い物ついでにぜひお立ち寄りください

記念硬貨・金貨・銀貨、古銭など高価査定中!

https://kaitorikinfuji.com/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

空手国際大会で優勝

めぐみが丘の高橋芽依さん

空手国際大会で優勝

4度目の挑戦で栄冠

5月16日

若者の奨学金返済を支援

平塚市

若者の奨学金返済を支援

29歳以下対象に年10万円

5月16日

搬送にマイナカード活用

平塚市消防本部

搬送にマイナカード活用

全国に先駆け実証事業

5月9日

ランク戦でTKO勝利

湘南龍拳大橋波月さん

ランク戦でTKO勝利

ライトフライ級8位に

5月9日

5月5日は「相模国府祭」

5月5日は「相模国府祭」

前鳥神社、八幡宮など参集

5月2日

家事育児まるごと支援

産後ドゥーラ湘南

家事育児まるごと支援

訪問ヘルパー事業登録

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook