大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

悠久の伝統神事 5月5日(祝・土) 国府祭(こうのまち)

国府祭(写真は過去のもの)
国府祭(写真は過去のもの)

 千三百年以上の歴史を有する相模国府祭が5月5日((祝)・(土))に開催される。相模国の6つの神社が参集して神事を執り行う全国的にも極めて珍しい祭り。この大祭は、神奈川県の無形文化財にも指定されており、毎年多くの人たちで賑わう。   

 参集する6つの神社は、六所神社(大磯町)・寒川神社(寒川町)・川勾神社(二宮町)、比々多神社(伊勢原市)・前鳥神社(平塚市)・八幡神社(平塚市)。

 国府祭は、その昔に相模国の国府庁(現在の県庁にあたる場所)が置かれた大磯町国府本郷の神揃山の祭りと小高天原(別名/逢親場・大矢場)で行う国司祭の二つを指すと言われ、端午祭や天下祭とも呼ばれている。国府祭の見所のひとつでもある「座問答」は正午の合図とともに開始される。これは、寒川神社と川勾神社が一之宮の座を争い、比々多神社の「いずれ明年まで」という仲裁の言葉で争いが円満解決するというもの。仲裁の言葉を発する時以外は終始無言で虎の皮を用いて神事を進めるのが特徴。その後、大矢場(馬場公園・大磯町国府本郷)に総社である六所神社と五社の神輿が集結する。舟形舞台では「鷺の舞」が奉納される。

 主な神事の予定時刻と場所は次のとおり。総社御大祭(六所神社・午前9時30分)、五社神揃山御成(神揃山・午前10時30分)、五社祭典(神揃山・午前11時)、座問答(神揃山・正午)、鷺の舞奉納(馬場公園・午後1時30分)、五社山下り(神揃山・午後1時50分)、五社逢親場着七十五膳献上(馬場公園・午後3時30分)。

 会場案内/神揃山・馬場公園は、大磯駅から湘南大磯住宅行きバスまたは二宮駅北口行きバスに乗車し東海大学大磯病院前で下車。なお、会場周辺では午前9時から午後5時まで通行規制が実施される。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク