大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年10月18日号

大磯海岸で塩づくり 社会

江戸時代の製法再現

目の前の海から汲みあげた海水で作った塩がいよいよ完成
目の前の海から汲みあげた海水で作った塩がいよいよ完成

 大磯町の照ヶ崎海岸で10月14日、水と緑の環境ネットワークの会が塩づくり体験を実施した。今年で5回目となるこの企画では、江戸時代に行われていたという製塩方法を再現し、ミネラルたっぷりの天然塩を作った。

 秋晴れの照ヶ崎海岸で、水しぶきがあがる。波打ち際ではなく、海岸に敷かれたビニールシートの塩田だ。

 同会の塩づくり体験に参加したのは親子82人。大磯町や二宮町など近郊はもちろん、遠くは都内や横浜からの参加者もいる。約2・5m四方の塩田に浜から汲んだ海水を撒き、これを乾燥させて塩を作る。ただ撒くだけでなく、飛び散るような細かいしぶきを作るのがコツで、小学生と保護者が手桶で元気よく塩田に水を張った。

 塩田が乾くまでの間は、ライフジャケットの早着替え競争や海岸清掃も実施。爽やかな秋風とともに海辺を楽しんだ。

 昼食のあとは、いよいよ精製作業がスタート。濃縮された海水をさらに煮詰め、できた塩を集めて完成となる。できあがった塩に参加者は「しょっぱいだけでなく、甘みを感じる」と満足気。ライフジャケット早着替え競争でも優勝した大磯小学校4年の鈴木智也くんは「1年生の時も自由研究で塩づくりをしたけれど、今日は違う方法で勉強になった」と話した。

 塩づくりを指導した同会の原一宏さんは、能登で古来の製塩法を勉強したという。「大磯は海水の質も良いので、塩づくりに良い場所。昔の塩づくりを海のある町の子どもたちにも体験してもらえたら」と話す。
 

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク