大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

二宮町 「認知症予防を急げ」 講座など展開

社会

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
作業療法士の話を聞く参加者
作業療法士の話を聞く参加者

 厚生労働省の推計によると、団塊の世代が75歳以上となる2025年には認知症の高齢者数は約700万人。65歳以上の約4人に1人が認知症とその予備群になるといわれる。認知症の人と家族らへの支援とともに予防の取り組みを進める二宮町ではこの10月、講演会や講座が盛んに開かれている。

 生涯学習センターラディアンで10日、認知症予防講演会があり、50人を超える町民が集まった。NPO認知症予防サポートセンターのアドバイザーが、認知症予防に役立つ生活習慣について説明。食事は野菜や果物、魚、抗酸化作用のあるポリフェノールなどを多く摂り、運動は有酸素運動が効果的で、早歩きのウォーキングが簡単にできてよいなどとすすめた。

 作業療法士による講話もあり、「仕事や趣味、地域活動など自分にとって大事な作業をすることで健康になり、認知症予防にもつながる」と述べた。参加者は熱心に耳を傾け、終了後早速、ウォーキング講座に申し込む女性もいた。

 17日には認知症サポーター養成講座がふるさとの家で開かれた。町民団体グリーンにのみやプロジェクトが主催した。町健康長寿課職員を講師に呼び、認知症が誰にでも起こり得る脳の病気であることや具体例を挙げた認知症の人への接し方、町の予防プログラムなどについて学んだ。

 「認知症は昨日、今日からなるものではない。10年、20年前から脳のなかでその兆候が生じ始めるという」と同課。「他人事と思わないで、認知症に対する理解を深め、認知症にならないために若いうちから各自が取り組んでいくことが大事」と話す。

認トレと運動講座

 同町は認知症予防に向けたさまざまな事業を実施している。10月28日と11月2日から30日までの月曜日に全6回の「脳いきいき講座」を開催。現在の脳機能の状態を知り、認知症に強い脳をつくるためのウォーキングについて学ぶ。10月31日には駅前町民会館で運動と認知トレーニングを組み合わせたプログラム「コグニサイズ」をとり入れた講座を開く。

 両講座とも定員に若干の余裕があるという。対象は65歳以上の二宮町民。申し込み・問い合わせは同課【電話】0463・71・3311。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

光と祈りで節目を祝う

光と祈りで節目を祝う 社会

澤田美喜 生誕120年記念

9月24日号

吾妻山公園へ送迎実験

二宮町

吾妻山公園へ送迎実験 社会

高齢者などの移動手段検討

9月24日号

傘寿の軌跡 動画自叙伝に

傘寿の軌跡 動画自叙伝に 社会

二宮町の松岡紀雄さん公開

9月17日号

死亡事故ゼロ 過去最長

大磯警察署

死亡事故ゼロ 過去最長 社会

管内で連続1000日超

9月17日号

御神木の売札所あらたか

川勾神社

御神木の売札所あらたか 社会

台風で倒れた400年杉生かす

9月10日号

授業をライブ配信へ

大磯町立学校

授業をライブ配信へ 教育

コロナ下 欠席児童の学習保障

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook