大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

大磯町日高市 「高麗」を縁に防災協定 相互応援で災害に備える

社会

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
調印式を終えた中崎町長(右)と谷ケ崎市長
調印式を終えた中崎町長(右)と谷ケ崎市長

 大磯町の中崎久雄町長ら5人が11月8日に埼玉県日高市を訪れ、「日高市と大磯町の災害時相互応援に関する協定」を締結した。同市は高麗郡建郡の地で、大磯町には「高麗」の名称が用いられている神社や地名が多く残されていることから、両市町は歴史的にも深い関わりがあったとされている。

 大磯町ではこれまで神奈川県内全市町村をはじめ、姉妹都市である長野県の小諸市や岐阜県の中津川市、東海道で結ばれていた東京都品川区や静岡県三島市ほかの各自治体と同様の協定を締結。単独では対応しきれない大規模災害が発生した際、災害活動、応急・復旧対策で相互に応援し合う協定を結んでいた。

 今回、締結された協定の概要は【1】食料、飲料水及び生活必需品並びにその供給に必要な資機材の提供【2】救援、応急復旧に必要な職員の派遣【3】被災者の受入れ他、要請があった事項の主に3点。締結を終えた中崎町長は「高麗を結ぶ縁として、今年2月に市長をはじめとする日高の皆さんに貸切列車でお越しいただき、大変光栄だった。協定内容が実際に発動することがない世の中であることを願うとともに、この協定締結が両市町の子どもたちや市民との交流に発展していくことを願っている」と話した。

大磯町と日高市

 高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)は666年(天智5年)に高句麗から一族を引き連れて日本に渡った。その後、関東一円に居住していた高麗人(こまひと)が集められて武蔵国(現日高市周辺)に高麗郡を創設。若光は郡の長官に任命されたと伝えられている。一説によると、若光が日本に渡来した地が大磯町であったとの伝承もあり、そのため町内には高麗山や高麗神社(高来神社)などの名前が残っていると言われている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

地元の歴史 学び50回

中井町半分形

地元の歴史 学び50回 社会

仏像発見を機にスタート

7月19日号

粘りの「全員バレー」誓う

粘りの「全員バレー」誓う スポーツ

 創部6年目 高校総体へ

7月19日号

主張発表で関東2位

大磯町商工会女性部

主張発表で関東2位 社会

町と「みかんアロマ」をPR

7月12日号

アユ釣り日本一競う

アユ釣り日本一競う スポーツ

中井町の川口さん全国大会へ

7月12日号

若手職人の技巧光る

若手職人の技巧光る 文化

二宮から県洋菓子展入賞

7月5日号

新たな顔ぶれ決まる

大磯町議選

新たな顔ぶれ決まる 政治

投票率は過去最低を更新

7月5日号

大磯町の請求を棄却

大磯町の請求を棄却 政治

障害福祉センター退去訴訟

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自生ヤマユリ公開

自生ヤマユリ公開

二宮 一色小で講演会も

7月20日~7月23日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

    7月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク