大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

激戦区関東から全国へ 大磯テニスアカデミー 大川さん

スポーツ

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
全国出場を決めた大川さん
全国出場を決めた大川さん

 大磯テニスアカデミーに所属する国府中学校3年の大川美佐さん(14)が、11月に福岡県で開催される「U-15全国選抜ジュニアテニス選手権大会」に出場する。大川さんは「一戦一戦を大切に、悔いのないテニスができたら」と、初めて踏む全国のコートで活躍を誓う。

 大川さんは、ランキング上位の32人に出場権が与えられる9月の関東予選で6位に入賞し、全国の切符を手にした。

 「練習の成果を発揮できた。全国に出られるなんて本当に嬉しい」。予選会は出場ラインぎりぎりのところで参加資格を得たこともあり、他の選手の胸を借りるつもりで臨んだ。しかし、激戦区として知られる関東で好成績を収めたことが、大きな自信につながったという。

 初戦では、過去3戦して1セットも取れずに敗退した選手と対戦。敗れはしたものの「少しは成長したところを見せられたかも知れない」と、初めて1セットを奪うことができた。格上の選手と対戦することで、課題も見えた。「一番の差は体力面」。試合が進むにつれてスタミナが落ち、持ち前のコートカバーリングが冴えず相手のペースに持ち込まれた。

 2回戦以降はスムーズな攻守の切り替えを意識して順当に勝ち上がった。5位決定戦では、関東でも指折りの強豪選手に6対8で敗退。悔いは残ったが、収穫と課題を洗い出して気持ちを次の舞台に向ける。

抜きん出た読みとスピード

 技術面だけでなく、試合中の駆け引きが勝敗を左右する奥深さを知るほど、勝ったときの喜びは大きい。同アカデミーの小野峰樹コーチは「この年代の選手はコートがとても広く感じるはずだが、彼女の場合は読みの鋭さとボールに追いつくスピードでカバーしている」と、大川さんのテニスセンスを評価する。

 幼稚園のころから水泳に打ち込んでいた大川さんがテニスを始めたのは、小学1年のとき。「兄とよくキャッチボールをしていたので、球技もできるんじゃないかなと思って」とラケットを握るようになった。思うように結果が出せない時期もあったが「負けず嫌いな性格なので、やめようと思ったことはありません」

 テニスと出会ってからは日常生活にも気を使い、栄養バランスにこだわった母親の手料理がコンディションを支える。「全国出場を家族が一番喜んでくれた。母親には本当に感謝しています」と表情を緩める。全国では、関東を代表するようなテニスをしたいという大川さん。「行けるところまで行きたい。優勝を目指して頑張りたい」と力強く語った。

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

龍神に豊漁を祈願

龍神に豊漁を祈願 文化

大磯港で伝承される例祭

5月20日号

3年ぶり復活 ファン歓喜

3年ぶり復活 ファン歓喜 社会

大磯白キス投釣大会

5月20日号

照ヶ崎にアオバト続々

照ヶ崎にアオバト続々 社会

国内最大級の飛来地

5月13日号

避難所情報も即時通知

避難所情報も即時通知 社会

二宮町が防災アプリ配信

5月13日号

街と人を物語でつなぐ

街と人を物語でつなぐ 文化

大磯で初のブックマルシェ

5月6日号

周遊観光の移動も楽しく

周遊観光の移動も楽しく 経済

二宮町でシェアサイクル

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook