大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

二宮町 庁舎建て替えの方針示す ラディアン周辺など移転先候補に

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
建て替えの方針が示された二宮町役場庁舎
建て替えの方針が示された二宮町役場庁舎

 二宮町は、耐震性能に問題がある役場庁舎について、移転を含めた建て替えの方針を固めたことを明らかにした。生涯学習センターラディアン=同町二宮=周辺と東京大学二宮果樹園跡地=同町中里=の2カ所を候補地として、今年度中に移転先を決めて来年度予算に関連費を盛り込む考え。

 6日の町議会定例会で、善波宣雄議員の一般質問に答えた。田嶋康宏政策総務部長は、現庁舎はコンクリートの劣化による強度不足により、耐震工事をすること自体の有効性に疑問があると説明し、「耐震補強して延命化を図ることは極めて困難であると考えている」と明かした。

 移転の候補地には、ラディアン周辺と東大果樹園跡地の町有地2カ所を挙げた。現庁舎の場所で建て替えを行う考えについては、仮庁舎の建設や解体といった余計な経費が発生することから現実的ではないという見方を示した。

 町は今年度、庁舎の整備手法を調査するための予算として470万円を計上し、民間のコンサルタント会社に委託している。調査報告を受けて年度内に新庁舎の建設場所を決定し、次年度予算に規模や形状などの検討に向けた関連費を計上するという。

 現庁舎は、1978年の完成から40年近くが経過。老朽化に加え、建物の耐震性能を表すIs値が官庁施設に求められる基準値を下回るフロアも存在することから、早急な対策が求められていた。町の試算では、庁舎を移転新築した場合の概算費用は約18億円、現在地での建て替えには21億円以上かかるとしている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

温かな彫刻30点

温かな彫刻30点

渋谷武美さんの小品展

4月2日~4月12日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク