大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

大磯町 ブロック塀 改修へ 9月補正で11月頃より

社会

ひび割れや傾きが見られる大磯中学校のブロック塀
ひび割れや傾きが見られる大磯中学校のブロック塀
 大磯町は開会中の町議会第3回定例会に、町役場や町立学校など4施設のブロック塀を改修するための整備事業費約1840万円を計上した補正予算案を提出した。議案は9月3日の審議で可決され、早ければ11月頃から工事が始まる。

 6月に発生した大阪北部地震で小学校のブロック塀が倒れて5年生女児が死亡した事故を受け、大磯町は7月6日までに公共施設109施設のブロック塀調査を実施。その結果、ひび割れや傾きなどで倒壊の危険性がある物件が6施設で見つかった。町は緊急性の高い4施設8カ所の塀を改修するための費用を今回の補正予算案に計上した。

施設ごとの対応

 建築基準法の施行令では、高さ1・2mを超えるブロック塀には後方から壁を支える「控え壁」を一定の間隔で設けることなどが義務付けられている。大磯町役場敷地内のブロック塀は高さ1・2mを超えているが控え壁がなく、新耐震基準前に設置されたと思われることから解体撤去し、フェンスなどに改修する。

 大磯中学校は、国道1号線側の塀で控え壁の間隔が規定より広く、樹木の根に押されて傾きが生じていることから、ブロック塀を撤去して生け垣を新設する。また東側の塀に老朽化が見られることから一部を撤去する。

 大磯小学校ではブロック塀の図面が残っておらず安全基準を満たしているか不明なことから、ブロック塀の下部を残して目隠しフェンスを設置し、一部を補強する。

 大磯幼稚園のブロック塀については、基準は満たしているものの老朽化が激しいことから、安全性を考慮し、ブロック塀の下部を残して目隠しフェンスを設置する。

 町担当課は「他の公共施設でも順次、塀の安全対策を進めていきたい」と話している。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

保健センターなど集約へ

県コンクールで最優秀賞

国府中3年土佐彩純さん

県コンクールで最優秀賞

12月7日号

二宮に定住ツバメ

二宮に定住ツバメ

11月30日号

3件を国有形文化財に

旧吉田茂邸

3件を国有形文化財に

11月30日号

現職が再選果たす

大磯・二宮町長選挙

現職が再選果たす

11月23日号

「湘南のかほり」芳しく

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク