大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

インフル流行が本格化 学級閉鎖も相次ぐ

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 毎年1月から2月にかけて爆発的な流行をみせるインフルエンザが、今シーズンも感染拡大のきざしをみせている。大磯町と二宮町では学級閉鎖も発生するなど警戒が必要だ。

 県衛生研究所がまとめている保健所別のインフルエンザ報告によると、平塚保健福祉事務所管内(平塚市、大磯町、二宮町)と小田原保健福祉事務所足柄上センター管内(南足柄市と足柄上郡5町)の定点医療機関当たりの報告数が、いずれも2019年第1週(12月31日〜1月6日)に「注意報レベル」の10人を超えた。さらに第2週(1月7日〜13日)には、平塚保健所管内で「警報レベル」の30人に達している。

 昨冬は平塚保健所管内で年末に注意報、第3週に警報レベルになり、足柄上管内では第2週に注意報が発令。いずれも3月上旬に終息している。

連休明けに感染拡大

 今シーズン、大磯町では昨冬より1日早い1月18日に大磯幼稚園1学級がインフルエンザ等による学級閉鎖の措置を執り、これまでに小学校2学級、幼稚園3学級で実施された。二宮町では昨冬と同日の1月16日に二宮小学校の4学級、中井町では1月21日に中村小学校の1学級で実施された(1月21日時点)。いずれも連休明けから増加しており、学校から家庭、職場などでの感染拡大にさらなる注意が必要だ。

 インフルエンザは感染者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを直接吸い込んだり、ウイルスが付着した手で目や鼻、口を触れたりすることにより感染する。発熱や悪寒、頭痛など風邪の症状に似ているが、38℃以上の高熱を急に発症するなど、一般的な風邪より症状が重く、幼児や高齢者は重症化する恐れもある。

 県では「手洗い・うがい、くしゃみ・咳のエチケットを心がけて感染を予防するとともに、ワクチンの接種も有効。インフルエンザが疑われる症状がみられる場合は、早めに医療機関を受診してほしい。症状がある間は十分な休養と水分補給も大切」と呼びかけている。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

津波避難体制の強化へ

大磯町二宮町

津波避難体制の強化へ 社会

県警戒区域指定の見通し

1月22日号

石井・中山ぺア 全国へ

小学生ソフトテニス

石井・中山ぺア 全国へ スポーツ

大磯 幼なじみのダブルス

1月22日号

2度目の緊急事態宣言

2度目の緊急事態宣言 政治

3町の対応は

1月15日号

ワクチン接種へ担当部署

ワクチン接種へ担当部署 社会

高齢者3月にも 二宮町が準備

1月15日号

3町で673人が門出

3町で673人が門出 社会

コロナ下の成人式

1月8日号

町指定有形文化財に

旧ホテル滄浪閣ホール棟

町指定有形文化財に 文化

大磯の戦後史を物語る

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク